MacBook Pro
Apple

新型MacBook Proの発売が近づいていると噂されているなか、新型MacBook ProがミニLEDディスプレイを搭載して9~11月に発表されるとの予想が報じられています。

Bloombergの記者でアップルのインサイダー情報に詳しいMark Gurman氏は、自身のニュースレター「Power On」最新号のなかで、新型MacBook Proは9月~11月頃に発表されると予想しています。これはGurman氏が以前述べた「初夏」からの軌道修正となりますが、有名アナリストMing-Chi Kuoの「2021年第3四半期に量産が始まる」との予想とも符合しています。

さらにGurman氏は「これらの新しいMacBookはもっと早く発売されるはずだったが、新しいミニLEDディスプレイにまつわる複雑な問題が生産を妨げている 」と付け加えています。ここでいうミニLED画面とは、アップルが「Liquid Retina XDR」と呼び、最新の12.9インチiPad Proに搭載したもの。このパネルには1万個ものミニLEDバックライトが使われており、ローカルディミング(部分駆動)技術と組み合わせることでより高い輝度と深い黒、コントラスト比の向上や省電力が実現しています。

ただし新技術ゆえに生産が難航しているとの噂もあり、ミニLED画面を搭載した新MacBook Proもそのために量産が遅れているとの観測も伝えられたことがあります。

次期MacBook Proについては、これまでGurman氏はM1チップを強化したM1X(仮)搭載や外部端子が増えると予想してきましたが、今回のニュースレターでは言及していません。その代わりにMacBook Proと、2022年内の発売が噂される新MacBook Airのどちらを選べばいいかヒントを書いています。

すなわちMacBook Proは、アプリ開発やPhotoshop、処理が重いビデオ編集などでより処理速度や多くのRAMを必要とする人向けで、AirはWebブラウジングや電子メール、軽い写真編集などに最適とのことです。次期MacBook Airに搭載されるM2(仮)チップはM1Xよりコア数は少ないものの新たなアーキテクチャを採用しており、現在販売中のM1 Macよりも処理能力が向上すると予想されています

すでに「新MacBook Proは14インチと16インチの2種類、9~11月に発表・発売」説は複数の情報筋が裏付けており固まってきている感もあります。2021年のM1 Macと同じく、11月発表が1周年でキリがいいのかもしれません。