MacBook
Apple

次期14インチ/16インチMacBook Proの発売は2021年後半と噂されていましたが、結局は2022年まで延期される可能性があると報じられています。

台湾のサプライチェーン情報に詳しいDigiTimesは、業界筋の情報として「ミニLED搭載MacBookシリーズの発売は2022年まで延期された可能性がある」と短く伝えています。これは完全なストーリーに先立つプレビューだとされ、後に詳細な情報が出てくるもようです。

DigiTimesは「MacBookシリーズ」とするだけで、特にMacBook Proとは言っていません。が、これまでの噂では2021年内に発売されるのは次期14インチ/16インチMacBook Proのみであり、それらはミニLEDバックライト付きディスプレイが搭載されるとの説がもっぱらです。

アップルは今年4月、ミニLED画面を(ディスプレイ製品以外では)12.9インチiPad Proに初搭載しましたが、「生産上の問題に直面しているため」品不足になる見通しが伝えられていました。その後に製造の歩留率が向上したとのサプライチェーン情報もありましたが、他にもボトルネックがあるのかもしれません。

また日経の英語メディアNikkei Asiaも「Appleシリコンを搭載した新たなMacBook2機種」の量産が2021年後半に先送りされたと報じていました。アップル幹部らも、世界的な半導体不足により今後MacやiPadが品薄になると警告しており、しだいに2022年発売説が有力になってたきた感はあります。

次期MacBook ProではHDMIポートやSDカードスロット、充電用のMagSafeなど、過去モデルにあった数々の要素が復活すると期待されています。さらには次世代AppleシリコンのM2ないしM1X(ともに仮称)が搭載されて処理速度とグラフィック性能が大幅に向上するとも予想されているだけに、M1 Macが物足りずProモデルを待っている人にとっては、少しでも早い発売が望まれそうです。

Source:DigiTimes

via:9to5Mac