Next AirPods Pro

次世代AirPods Proの噂は何度となく囁かれてきましたが、新たに今年(2021年)前半に発売されるとのサプライチェーン情報が伝えられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesによると、ウィンボンド・エレクトロニクス(Winbond Electronics)は2021年上半期の後半に発売される次世代AirPods Pro用NORフラッシュメモリのサプライヤーになる予定とのこと。台湾に拠点を置くウィンボンドは6ヶ月間、NORフラッシュの生産ラインをほぼフル稼働させる見通しだと述べられています。

この噂話は、アップル未発表製品情報に定評あるMacお宝鑑定団Blogによる「第2世代AirPods Proは4月に発売」説に続くもの。そちらでは前モデルから充電ケースのデザインが変更される、以上の情報は提供されていませんでした。

それに先立ちBloombergの名物記者Mark Gurman氏は、新型AirPods Proからはステム(持ち手部分の軸)がなくなり、よりコンパクトになる方向を目指すと予想。試作品の見かけはサムスンのGalaxy Buds Liveのように耳穴にはまり込むデザインになるとの見通しを述べていました。

ほか次期AirPods Proに関しては大小2つのサイズが用意される可能性を示す画像が公開されたこともありました。その一方でステムを短くしてイヤーチップも交換可能な第3世代AirPodsや、AirPods Proと同じ形だがノイズキャンセル機能のないAirPods Pro Lite(仮)が準備中との噂もあります。

いろいろと情報は錯綜していますが(第3世代AirPodsとノイズキャンセルのないAirPods Pro Liteは同一製品との見方もあり)いずれにしろ2021年中になんらかのAirPods新製品が発売との予想はおおむね一致しています。

もし後継モデルが発売されれば、既存モデルのユーザーにも買い換えを検討する人が少なくないはず。AirPods Max以外のAirPodsは内蔵バッテリーも本体ごと交換になる事実上の使い捨て仕様ですが、そろそろアップル公式の下取り対象となる(現在はiPhone、iPad、Mac、Apple Watchのみ)ことが望まれるかもしれません。

Source:DigiTimes

via:MacRumors