iPad mini

次期iPad miniは「シリーズ史上最大の再設計」をした上で2021年秋に発売の可能性があるとの噂が伝えられたばかりです。それに続いて最新のA15(仮)プロセッサを採用し、USB-C接続や磁気式のSmart Connectorを搭載するとの予想が届けられています。

米9to5Macが入手した情報によれば、新型iPad miniの開発コード名は「J310」であり、(iPhone 13(仮)に採用が予想される)A15チップを搭載する予定とのことです。A15チップはiPhone 12搭載のA14と同じ5nm製造プロセスながらも工程が改良されており、性能の向上および電力効率の改善が見込まれています

また新型iPad miniにはiPad ProやiPad Air(第4世代)と同じく、底面にUSB-C接続端子を備えているとも伝えられています。これにより現行のiPad mini(第5世代)が搭載するLightningコネクタよりも、さまざまな周辺機器やアクセサリーが利用可能になると期待できそうです。

最後に、やはり最新のiPad AirやiPad Proと同様に、磁気式のSmart Connectorが搭載されるとのことです。これまでiPad miniにはそうしたコネクタがなく、外付けキーボードもLightningポート経由かBluetooth接続するしかありませんでしたが、次期iPad miniはiPad Proのように「カバー一体型のキーボードを背面に接続して使える」可能性が生じたことになります。ひいては、アップルがiPad mini専用のアクセサリ(たとえばMagic Keyboardなど)を発売する計画があるのかもしれません。

また9to5Macの情報筋は、次期iPad廉価モデル(第9世代iPad)の予想も語っています。その開発コード名は「J181」であり、iPhone 11世代と同じA13チップを搭載しているとのことです。現行iPad(第8世代)のプロセッサはA12のため、エントリーレベルのiPadが大幅に性能が向上する見込みです。ちなみに、これまでの噂では第9世代iPadは画面サイズは10.2インチのまま据え置きながら、かなりの薄型化かつ軽量化されて、第3世代iPad Airのようなデザインになると予想されています。

次期iPad miniに関しては複数の方面から噂が相次いでおり、「デザインの刷新」についてはベゼルを狭額化してホームボタンをなくし、指紋認証のTouch IDは側面の電源ボタンに統合して、第4世代iPad Airのような見かけになるとの見通しが主流となっています。アップルのサプライチェーン情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、画面サイズが従来の7.9インチから8.5インチに拡大されると予想していました。

今回の噂話では言及されていませんが、対応するApple PencilもLightningコネクタから充電する第1世代から、iPad本体に磁気でくっつけてワイヤレス充電する第2世代に変更されるのかも気になるところです。今後のさらなる続報を待ちたいところです。

Source:9to5Mac