A14X
9to5Mac

次期iPad Proがまもなく発表とのウワサが次々と届けられるなか、その搭載プロセッサと予想される「A14X」チップへの言及が開発者向けのiOS 14.5最新ベータ版から見つかったと報告されています。

米9to5Macによれば、iOS 14.5ベータ内には現時点でiOSデバイスに使われていない「13G」なるチップのGPUへの参照が含まれていたとのことです。この「A13G」は従来のチップ命名ルールや9to5Macが独自に得た情報に基づき、A14X SoC、すなわちiPhone 12シリーズや第4世代iPad Airに積まれたA14 Bionicの変種だと判断されています。

さらにA14Xは、初のAppleシリコンMacに搭載されたM1チップの社内コード名である「T8103」を元にしていると判明したとのことです。米BloombergはA14Xが「最新MacのM1チップと同等」と報じていましたが、中身が近いのならば頷けることです。

これまでの噂話を総合すれば、2021年前半に登場する新たなiOS(iPadOS)デバイスは次期iPad Proのみと見られます。つまり今回発見されたA14Xも、それ以外のデバイスに搭載されるとは考えにくいわけです。そうした文脈のもと、9to5Macは未発表iPadのコード名が「J517」「J518」「J522」および「J523」の4つだと伝えています。

またiOS 14.5は今春に正式配信が予想されることから(「マスクしながらロック解除できる」と予告されてから1ヶ月以上が経ちました)最新ベータ内で言及されているA14Xデバイスも、まもなく発表される可能性が高いはず。

次期iPad ProはA14X搭載のほか、Thunderboltポートや改善されたカメラ、12.9インチモデルについてはミニLEDバックライト付きディスプレイの搭載が予想されています。Bloombergの「早ければ4月」報道に続いてアクセサリーメーカーも勇み足ぎみに専用ケースを販売開始しており、もし近日中に発表されなければ一般ユーザー以上にサードパーティが困るのかもしれません。

Source:9to5Mac