iPhone SE2022

iPhone SEの次世代モデルは現バージョンと同じ4.7インチ画面を搭載して2022年に発売され、2023年モデルは6.1インチ画面となってパンチホール(画面下に自撮りカメラを埋込み、画面に穴を開けて視野を確保する設計)になるとのアナリスト予測が伝えられています。

このウワサの発信源は、ディスプレイ専門アナリストのRoss Young氏のツイートです。Young氏は2022年モデルにつき、5G(サブ6)に対応する噂も聞いたとつぶやいています。

次期iPhone SE 5G(仮)が2022年発売で現在の4.7インチモデル、つまりiPhone 8ベースを引き継ぐとの見解は、有名アナリストMing-Chi Kuo氏も述べていたことです。Kuo氏はプロセッサのアップグレード(処理速度の向上)と5G対応が大きなセールスポイントになるとも付け加えていました。

要は2人とも「2021年内に新型iPhone SEは発売されない」点では一致しています。

ほかYoung氏の情報で注目すべきは、2022年のマイナーチェンジの後、2023年に根本的なデザイン変更が来るかもしれない(そういう噂を聞いた)と述べていることでしょう。

上記のKuo氏は2022年のiPhone 14(仮)を境にノッチ、すなわち画面の上に切り欠きがある設計からパンチホールに移行を始めると予想していました。つまりフラッグシップで設計が変更されてから、1年後に廉価モデルにも降りてくるかもしれないと解釈できるわけです。

アップルの5G参入が競合他社より遅れて最適化などの経験値が不足しているためか、「iPhone 12は多くのAndroidよりも遅い」との調査結果もありました。来年には廉価モデルでも5Gの恩恵が十分に受けられるよう、改善を期待したいところです。

Source:Ross Young(Twitter)

via:MacRumors