MacBook Air
Jon Prosser

次期MacBook Airには多くのカラーバリエーションが用意されるとの噂に続き、新たにレンダリング画像を含む詳細な予想が公開されました。

YouTuberのJon Prosser氏は新たな動画にて、デザインが刷新された「MacBook」の画像を入手したと述べています。Prosser氏は有名リーカー(未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)であり、当たり外れはありますが、24インチiMacがカラフルになる予想は的中させていました

Prosser氏はこれがMacBook Airなのか、あるいは何も付かない「MacBook」なのかは不明だと説明しながらも、(HDMIやSDカードスロットなどの)ポートがないことからMacBook Proではない可能性が高いとしています。

今回Prosser氏が公開したのは、コンセプトアーティストIan Zelbo氏とリーク画像を元にして共同作成したレンダリング画像です。Prosser氏は情報源の秘密を守るため(元画像を見せると出処がたどりやすい)だと述べています

画像は以前からのうわさ通り薄くて軽そうではありますが、従来のMacBook Airのようなテーパー状の(先細りの)端っこではなく、まるでiPad Proのようなフラットエッジのデザインを採用してる模様です。USB-Cポートは左右に1つずつ、計2つあると説明されていますが(磁力で接続する充電ケーブル端子の)MagSafeはどこにあるかは不明です。

MacBook Air
Jon Prosser

ほかディスプレイ周りのベゼルは白くなり、キーボードのデザインも変更されて色合いも黒から白へと替えられています。さらに24インチiMacと同様に3モデルかつ7色のカラーバリエーションとされる一方で、iMacの背面のようなポップな色ではなくスタンドに使われている色に近いと説明されています。

MacBook Air
Jon Prosser

もっとも、Prosser氏はベゼルの大きさについては確信が持てないとのこと。つまりレンダリング画像にあるベゼルよりは太いかもしれず、狭いかもしれない可能性があるわけです。

Prosser氏はアップルのスペシャルイベントが3月に開催すると予想して外したり、的中率が飛び抜けて高いとは言えません。とはいえAirPods Max(当時は「Airpods Studio」と仮称)のレンダリング画像は製品版にかなり近く、忘れ物トラッカーAirTagについても正確であり、デザイン予想に限ってはかなりの信ぴょう性があります。

2020年末のM1 Mac3機種は従来モデルとほぼ同じデザインでしたが、先日の24インチiMacはデザイン文法を大きく変えてiPad Proなどに寄せていました。次期MacBook AirやMacBook Proも、そちらに統一されていくのかもしれません。

Source:Front Page Tech(YouTube)

via:9to5Mac