MacBook Pro

アップルが次期MacBook Proが準備中と噂されているなか、早ければ今年の初夏に発売され、最大64GBものRAMを搭載できるとの噂話が伝えられています。

Bloomberg記者でアップルの内部情報に詳しいMark Gurman氏によれば、デザインが一新されたMacBook Proの後には新MacBook AirやローエンドのMacBook Pro、まったく新しいMac Proワークステーションと続き、さらにハイエンドのMac miniや大型のiMacの開発も進めているとのことです。

その再設計版MacBook Proの画面サイズは14インチと16インチの2種類あり、磁石で接続するMagSafe充電コネクタや外付けポートが増やされ、ここ数年は廃止されていたHDMIポートとSDカードスロットを復活するーーといった見通しは、Gurman氏が以前述べていたことの再確認です。

今回の新たな情報は、まずコードネーム「Jade C-Chop」と「Jade C-Die」という2種類のSoCが準備中であるということ。どちらも高性能コアが8つ、高効率コアが2つながらも、GPUコアは16または32のバリエーションが提供される予定とされています。現在のM1チップは高性能コアが4つ、高効率コアが4つでGPUコアは7または8であり、全面的に強化されることになりそうです。

さらにM1では最大16GBだったRAMが最大64GBまで増設可能となり、機械学習タスクを処理するNeural Engineも改良され、Thunderboltポートも現行のM1 MacBook Proの2ポートよりも増やされると述べられています。

次期Appleシリコン搭載のMacBookモデルとしては、デザイン刷新したハイエンドのMacBook Airが早ければ年内に予定されているとのことです。こちらにはM1の後継プロセッサとなる「Staten」が採用され、演算コアはM1と同じ数ながらもより高速に動作し、GPUコアの数も現状の7〜8個から9〜10個に増える予定とされています。

また冒頭に触れた「ローエンドのMacBook Pro」については、そのMacBook Airと同じチップを搭載してアップデートされるとのことです。2020年末に発売されたMacBook AirとMacBook Proが同じM1チップを採用しつつも、筐体設計や冷却ファンのあり/なしで熱容量の差別化を図った路線が引き継がれる模様です。

ことさらに「ローエンド」と区別していることから、先に発売されるMacBook Proはそれなりの価格になると予想されます。最上位モデルとした上で64GBのRAMを搭載すれば、3ケタ万円の大台に乗るのかもしれません。

Source:Bloomberg