PayPayで「NHK受信料」を支払えるように 5月15日から対応

NHKの請求書(払込票)をPayPayアプリで読み取ることで支払えます

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月14日, 午前 10:36 in payments
0シェア
paypay nhk

スマホ決済サービス「PayPay」は、5月15日よりNHK日本放送協会(日本放送協会)が発行する請求書(払込票)を「PayPay請求書払い」で支払えるようにすると発表しました。

PayPay請求書払いは、電気・ガス・水道料金などの公共料金の請求書(払込票)に記載されたバーコードを、PayPayアプリで読み取ってその場で支払えるサービスです。

PayPay請求書払いを使うことで、自宅にいながら24時間いつでも税金や公共料金などの支払いができるため、現金の引き出しが不要なほか、手数料の節約にもつながります。

2020年4月現在、PayPay請求書払いは641の地方公共団体や事業者(自治体387、水道局254)と51の電気、都市ガス事業者の公共料金、209の民間企業による物販などの請求書(払込票)に対応しており、今後もより多くの請求書に対応していくとしています。

なお、PayPay請求書払いの利用には、PayPayアプリの1.34.0バージョン以上が必要です。

paypay nhk

▲PayPay請求書払いの利用手順

Source:PayPay


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: payments, paypay, Softbank, nhk, cashless, Yahoo, news, gear
0シェア

Sponsored Contents