休日はずっと観ちゃうほどハマった「NHKオンデマンド」の動画配信サービスとしての底力

サービスをあれこれホッピングしてみましょう

花森リド
花森リド
2020年07月24日, 午後 01:30 in NHK
0シェア
FacebookTwitter

  

Engadget

家にいる時間が爆増した2020年。休日などはみなさま何して過ごしているでしょうか? 私は「NHKオンデマンド」を見まくっています。Netflixで「梨泰院クラス」を追っかけても良かったのですが、もう一度見たいドキュメンタリーがあって何気なくNHKオンデマンドを登録したら、まー、面白くって。

朝ドラは毎年どうでもよくなって挫折するし、「チコちゃんに叱られる」にもあまり興味ないっていうNHK愛はさして強くない人間なく、テレビドラマも滅多に見ないのに、バッキバキに課金しています。

今回は、動画配信サービスのメジャーどころを説明しつつ、NHKオンデマンドのアツさをご紹介します。

動画配信サービスいろいろ

「動画配信サービス何入ったらいい?」と尋ねられたらまず出てきそうな大御所たちのお値段と特徴を駆け足でご紹介します。価格は2020年7月時点のものです。

Hulu(フールー)月額1026円(税込)

最初にお世話になった動画配信サービス。グローバル作品に加えて日テレ系多し。入会説明が携帯キャリアの説明資料のようでとにかく親切。テレビのリモコンにもhuluボタンがよくいます。

Netflix(ネットフリックス)月額880円~1980円(税込)

ご存知真っ赤なNのロゴの動画配信サービス。予算しっかりつけていい映像コンテンツ作るぞ!という気迫があります。こちらもテレビのリモコンの一等地にいますね。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)年間4900円(税込)

息をするように加入しているAmazonプライムにも動画配信があります。他と大きく違うところは、Amazon Prime Videoから他の動画配信サービスに加入できることです。天丼のトッピングのようなイメージ。私はアマプラ経由NHKオンデマンドに加入しています。

Disney+ (ディズニープラス)月額770円(税込)

スターウォーズとマーベルとピクサーをじっくり見たかったら絶対にコレ。ディズニー系の作品って他の動画配信サービスではあまり見かけないので、存在感あります。

NHKオンデマンド 月額990円(税込)

今回の主役である「NHKオンデマンド」。その名の通り、NHKの映像作品に特化したサービスです。特徴と魅力については後述します。なお、Amazon Prime Video経由で加入した場合も同じ値段です。

ちなみに、私は「1か月1サブスク」というルールーを自分に課しています。だってキリがないからです。そして世のサブスクは意外と「継続して!」を面と向かって圧をかけてこないんですよね。来るもの拒まず、去るものは追わずに優しく見送る。いい時代です。

国営放送の底力。NHKオンデマンドで宝探し

で、私が愛してやまないNHKオンデマンド。最初に「やべー!」と思ったのは、最新作から1970年代のドラマまでサラッとラインナップに入っているところです。

 

Engadget
▲私のおすすめドラマ一覧。「けものみち」1982、「阿修羅のごとく」1980、「中央流砂」1975、「4号警備」2017、「八日目の蝉」2010、「ツバキ文具店」2017……。制作年代からラインアップの広さがうかがえます。
Engadget Japan
Engadget

私のイチオシは「けものみち」。一人の女の流転の人生を通して、政財界の裏にうごめく悪を題材にした松本清張原作の社会派サスペンスです。文字通り色と欲に目がくらんだ「けもの」のような人間模様を楽しめます。当時23歳の名取裕子が大好きになりました。昭和ってこんなアグレッシブなドラマがいっぱいあったのか!と感動しまくりです。 

▲みんな大好き「岩合光昭の世界ネコ歩き」だってこの通り。何気なく流すのにぴったり。ほっこり系の動物番組からど根性のネイチャー番組まであります。
Engadget
▲朝ドラも大河も深夜のバラエティも朝の情報番組も。「持ってるカードは全部出しちゃうぜ!」感がすごい。

 

大河ドラマを50週間も録画したりオンタイムで見る気力はサラサラないんですが、こうやって並んでいるとちょっと再生してしまいます。

あれこれホッピングしよう

ということで、NHKオンデマンドにはシリアスなものから脱力系まで揃っています。国営放送の底力です。そして「とても古いもの」をちゃんと残していることのありがたさを感じています。

Netflixはもちろん面白いですし、huluでガキ使を見るのもいいです。ただ、毎月毎月ずっと観たいかっていうと、私はそうじゃないんですよね。Netflixの美麗でアゲアゲでポリコレ的にも気持ちいい最新の映像作品だけじゃ、私の心は完璧にはならないんです。NHKオンデマンドはそういう隙間を埋める役目を果たしています。唯一ケチをつけるとしたら、音楽やバレエなどは権利が厳しいのか、配信期間が短いところでしょうか。

J.J.エイブラムスから向田邦子まで自分で好きなものを選べるのが、群雄割拠な動画配信サービス時代のいいところです。違約金もないですし、ポイント制でもないから気軽に乗り換えられます。ぜひ動画配信ホッピングをお楽しみください。

関連リンク:NHKオンデマンド(Amazon)

 
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: NHK, TV, App, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents