Nike Go Flyease
Nike

Nikeは2月2日、手を使わずに簡単に脱ぎ履きできるハンズフリーシューズ、Nike Go FlyEaseを発表しました。2月15日から一部のNikeメンバーに招待制で販売を開始し、2021年後半に一般販売の予定です。価格は1万3000円(税別)。

FlyEaseシリーズは、Nikeが2015年から取り組んでいるもので、片手あるいは手を使わずに靴を履けることを目標としています。

これまでは、靴紐の代わりにジッパーやベルトを用いて片手でも簡単に履けるモデルがリリースされていましたが、最新のNike Go FlyEaseでは、手を使う必要すらなくなりました。

Nike Go FlyEase
Nike

双安定ヒンジにより、靴を脱いだときにソール部分が後ろに倒れる構造を採用。また、 デザインの一部となっているテンショナーにより簡単に脱げてしまうことも防ぎます。

Nike Go FlyEase
Nike

履くときは足を差し込むだけ、脱ぐときはかかとを押さえて引き抜けばヒンジが開いて簡単に脱げるNike Go FluEaseは、車椅子の人や、通学路を急ぐ学生、子供や荷物で両手が塞がった親など、様々な利用者に可能な限り幅広くアクティブなライフスタイルを提供することを目標にしたとしています。

ヒンジ部の強度などが気になりますが、Nikeが言うように、靴を履くのが困難な人や両手が塞がったシーンなどではとても便利に使えそうです。

Source: Nike (1), (2)