Nikola Motor
Nikola Motor

数日前、「テスラのライバル」ことニコラ・モーターの元CEOで創業者のトレヴァー・ミルトン氏が複数の詐欺の疑いで起訴された話をお伝えしました。その際に世間を唖然とさせたのは、宣伝用の動画で走っていた水素燃料電池トラックが、実は単に坂道を惰性で下っていただけだったという衝撃の事実でした。

しかし今週、ニコラは第2四半期の決算説明会で、水素燃料電池トラックのプロトタイプが、力強く勾配12%の坂道を駆け上がっている映像を公開し、来年初めまでに最初の納車を開始する予定だと投資家たちにに説明しました。この映像が投資家たちに対して、少なくともニコラのトラックは現物があり、しっかりと開発も進んでいるとアピールする材料になることが期待されます。

ただ悪いことに、いまの自動車業界は世界的に半導体やその他の部品が不足する状況が続いています。ニコラ・モーターもその影響を受けており、年内の生産台数は当初予定の半分ほどになってしまうと予想しています。またこの影響はまだ改善の見込みがたっていないとのこと。

昨年は、SPAC(特別買収目的会社)による買収・合併がブームとも言える状況になっていましたが、ニコラ・モーターはEVベンチャーの中ではもっとも早くその流れに乗り、上手く資金を得た()企業でした。これによってミルトン氏本人も大金を手にしたとされます。しかしニコラは現在、そのミルトン氏の様々な発言から投資家に誤解を与えた可能性があるとして連邦政府機関の調査を受けています。

調査に関わる関係者は、ミルトンがSPACのプロセスを悪用し、ソーシャルメディアなどを利用して、同社に関する嘘や誤解を招くような情報を直接個人投資家に継続的に流していたと述べています。

Source:Nikola Motor(1), (2,YouTube)

via:CNBC, The Verge