Nikon Webcam Utility
Engadget Japan

ニコンはデジタルカメラのWebカメラ化ソフトウェア「Webcam Utility」の正式版を公開しました。

これまでもベータ版が公開されていたWebcam Utilityですが、これはニコンのミラーレス/デジタル一眼カメラをUSBケーブルでPCに接続し、Webカメラとして取り扱えるものです。ソフトウェアはWindowsとMacの両方に対応しています。

そしてPCではSkypeやZoom、Google Meetにて、高画質なビデオ会議やチャットが楽しめるのがメリットです。

このようなデジカメのWebカメラ化ソフトウェアは、すでにキヤノン富士フイルムオリンパスからもリリースされており、コロナ状況下における需要の高さがうかがえます。

Webcam UtilityはWindows 10(64bit版)とmacOS 10.13、10.14、10.15で利用でき、対応カメラは以下のとおりです。また、同ソフトは今後発売されるカメラにも対応予定だとしています。

Z 7II、Z 7、Z 6II、Z 6、Z 5、Z 50、D6、D5、D850、D810、D780、D750、D500、D7500、D7200、D5600、D5500、D5300、D3500

Source: ニコン