NINTENDO64

任天堂の有料オンラインサービスNintendo Switch Onlineで遊べるレトロゲームに、近い将来NINTENDO64タイトルが追加されるとの噂が伝えられています。

このウワサの発信源は、ゲーム業界のインサイダー情報に定評あるNateDrake氏のYouTubeチャンネル「Nate the Hate」の最新エピソードです。今回は、Switch Onlineにまもなくゲームボーイとゲームボーイカラーのタイトルが登場するという噂話の続き。そちらはEurogamerほか様々な媒体が裏付けたとしつつ、Eurogamerがさらに多くの任天堂の過去ゲームハード用タイトルが追加されると示唆していたことに言及しています。

Nate氏はEurogamer情報は正しいと述べ「将来Nintendo Switch Onlineに登場するプラットフォームの1つは、革新的なNINTENDO64です」と続けているしだいです。

さらにNate氏いわく、任天堂は「Nintendo Switch Onlineのプレミアム版」つまり高価格プランを導入し、そこでN64タイトルを提供する見通しとのこと。ただし確かな証拠は示されず「我々の考えでは、N64のタイトルは任天堂がより多くの利益を上げられる、より収益性の高いプラットフォームです」と述べられるに留まっているため、プレミアムプランについてはNate氏の憶測に過ぎないのかもしれません。

その一方で、任天堂が謎のスイッチ用新型コントローラーを準備中であり、これがN64コントローラーではないかとの予想が浮上しています。

任天堂は先日、FCC(米連邦通信委員会)に新型Switch用コントローラーと思しき未発表製品を届け出ています。モデル名は「HAC-043」ですが、「HAC-042」は2019年発売の「スーパーファミコン コントローラー」でした。

今回の申請では、任天堂がFCCに6カ月間の守秘義務を求めているため、ほとんどの詳細は不明です。逆にいえば、このデバイスが今後半年以内に発売されることを示していると思われます。

ほかに届出書にはいくつかの手がかりがあり、まずスイッチ用のACアダプタに直接繋いで充電できる(上記のスーファミコントローラーと同じ仕様)と記載されているため、スイッチ本体に接続するJoy-Conのバリエーションは除外でき、独立型のコントローラーだと特定できます。

さらに2つの長方形ラベルのうち細い方は、N64コントローラーの上部にあった「NINTENDO」のロゴと一致しているようにも思われます。

NINTENDO64

スイッチ用のスーファミコントローラーも、スーファミ作品の提供開始と同時に発表されていました。米任天堂の前社長レジーさんは約3年前、NINTENDO64ミニを当面発売する予定はないと語っていましたが、それも今後の何かに向けた息の長い伏線だったのかもしれません。

Source:Nate the Hate(YouTube),FCC

via:Wccftech