Engadget
▲11月4日12:40ごろにアップデートできた編集部Ittousaiのゲーム画面のスクリーンショット

任天堂はNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』の最後の無料アップデートとなるVer.2.0を、11月4日に配信開始しました。

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版 あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス|オンラインコード版

当初は11月5日に配信とアナウンスされていましたが、Twitterなどでは11月4月の時点でもVer.2.0にアップデートできることが報告されています。ちなみにアップデートには3GB以上の空き容量が必要です。以降では、そんなボリューミーなアップデートの内容を簡単にご紹介します。

Engadget

島の新たな憩いのスポットとして、どうぶつの森シリーズではお馴染みの「喫茶 ハトの巣」が博物館の2Fにオープンします。

Engadget

ドードー・エアラインズで行く離島旅行とは違う島に行ける「かっぺいのボートツアー」が登場します。

Engadget

「パニエル」の島にスペースができました。これまで島にも時折行商に訪れていたどうぶつたちのお店や占いの店を建てることができます。

Engadget

加えて、ラジオ体操、条例が設定できるようになり。「たぬきマイレージ」との交換で、料理レシピや天井家具、カメラアプリのアップデートが可能に。

さらに! 住民が「突然プレイヤーの家に訪ねてきたり」「遊びの約束をする」といったように、交流の幅が広がります。

……と、最後の無料アップデートなだけあって、これでもかと要素が詰まっています。

Engadget

また、無料アップデートとは別に有料追加コンテンツ『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』を11月5日(金)に配信予定となっています。価格は2500円です。

こちらは、プレイヤーが住む島から離れたリゾート地として賑わう諸島を舞台に、「タクミライフ」のスタッフの一員として、どうぶつたちの理想の別荘をつくる仕事をお手伝いするゲームです。

あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版

あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス|オンラインコード版

source:任天堂

© Nintendo