©2020 ParityBit ©2020 GAME ADDICT ©SUGIYAMA KOBO Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

ゲームアディクトは12月3日、Nintendo Switch用ソフト「ダービースタリオン」を発売しました。競走馬育成シミュレーションゲーム「ダービースタリオン」シリーズの最新作です。価格はパッケージ・ダウンロード版共に税込み8580円です。

プレイヤーは競走馬オーナーとなり、牧場を運営して競走馬を生産し、競走馬を競馬場に送り出していきます。

ダービースタリオン -Switch(Amazon)

ダービースタリオン -Switch(楽天市場)

©2020 ParityBit ©2020 GAME ADDICT ©SUGIYAMA KOBO Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

レースはHD映像で、シリーズ初となる音声実況に対応しています。ラジオNIKKEI小塚歩アナウンサーが担当し、音声合成技術でプレーヤーが命名した馬の名前も競馬中継で読み上げます。

©2020 ParityBit ©2020 GAME ADDICT ©SUGIYAMA KOBO Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

そのほかGIIに昇格した富士ステークスや新潟牝馬ステークスなどの新設のオープン特別が入った最新の番組表に対応し。1勝クラスなどのクラス分けに対応し、GI「大阪杯」、「ホープフルステークス」も登場し、2020年度のJRAレーシングプログラムに対応しています。

©2020 ParityBit ©2020 GAME ADDICT ©SUGIYAMA KOBO Logo & package illustration by SUSUMU MATSUSHITA

種牡馬・繁殖牝馬は2019年にこの世を去ったディープインパクトもゲーム内では健在。アーモンドアイやキズナ、キングカメハメハ、ステイゴールドなども豊富なラインアップとなっています。

この手の育成シュミレーションゲームはおもしろいのですが、一度ハマってしまうとついつい長時間プレイしがちなのでまとまった時間が欲しいところ。時勢柄遠出がはばかられる年末年始の休暇は競走馬オーナーになってみるのもいいかもしれませんね。

ダービースタリオン -Switch(Amazon)

ダービースタリオン -Switch(楽天市場)