Nintendo Switch
Nintendo

ニンテンドースイッチが本体更新でBluetoothオーディオ機能を追加しました。

一般的なスマホ用などのBluetooth ヘッドホンやイヤホン、Bluetoothスピーカーに接続して、無線でゲームの音を聴けるようになります。

Nintendo Switch
Nintendo

Nintendo SwitchでBluetoothオーディオが使えるのは、本体更新バージョン 13.0.0から。

アップデートすると設定に「Bluetoothオーディオ」が現れ、非常にシンプルな画面で機器のペアリングや接続ができるようになります。

ペアリングのしかた

  1. ホーム画面の「設定」から「Bluetoothオーディオ」を選択。「登録する」をタップ

  2. Bluetooth ヘッドホンやスピーカー側をペアリングモードにする。これは機器ごとの説明書なりを見てください。だいたい電源ボタンやペアリングボタンの長押しでピコピコ光り始めるとペアリング待機です。

  3. 設定画面にペアリングしたいBluetooth機器が表示されたらタップ。完了。

Nintendo Switch
Nintendo

注意点

  • Bluetoothオーディオの利用時、接続できる無線コントローラは2個までに制限

  • ローカル通信と両立しない。使うソフトではBluetoothオーディオが切断される。

  • Bluetoothヘッドセットを接続してもマイクは使えない

  • 対応するBluetoothオーディオ機器は A2DP プロファイル、SBCコーデックをサポートするもの。SBCは標準なので原則入ってます。

Nintendo Switch
Nintendo

Bluetoothオーディオは2.4GHz帯の無線を使うため、ノイズが入ったり音が途切れる、遅延する場合はスイッチのインターネット接続を2.4GHz帯ではなく5GHz帯にする、干渉する電波を出している機器をオフにする等の対策があります。また接続する機器の側でも変わるため、別のBluetoothヘッドホン等にしてみるのも手です。

とはいえBluetoothオーディオは、特にSwitchが使うSBCコーデックではどうしても遅延するもの。任天堂のサポートでも「無線通信の特性上、ゲーム画面の表示や操作に対して、音声が遅延したりノイズが発生したりすることがありますが、機器の故障や異常ではありません」と釘を刺しています。

音にシビアに反応するゲームなどでは諦めて有線か、USB無線で遅延の少ないヘッドセット等を使いましょう。

一方で、特に音を手がかりに反応しなくても良いゲーム、場面や使い方はあるため、時と場所、そのとき使えるヘッドホンの組み合わせに選択肢が増えたのは良いこと。

特に出先で音が出せず有線イヤホンを忘れたときなど、Bluetoothイヤホンならあるのにと泣く泣く無音で遊んだり諦める必要もなくなります。

また最近増えつつあるデュアル無線ゲーミングヘッドセット、たとえばSteelSeries Arctis 9 / Arctis Pro WirelessやXboxワイヤレスヘッドセットでは、PS5 や Xbox、PCのゲームをしつつ、あるいは動画を見つつ、Switchにも接続しておき『どうぶつの森』で風船が飛んでくる音を聞き逃さないといった使い方もできます。

SteelSeries Arctis 9発売。PCやPS4/5とスマホ同時接続対応の高級ゲーミングヘッドセット

マイクロソフト純正Xboxワイヤレスヘッドセット発表。スマホとXbox同時接続

イヤホン・ヘッドホン ランキング(Amazon)

Nintendo Switchストア(Amazon)

本体更新情報|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo