N64
Kris Naudus / Engadge

任天堂は26日からオンラインサービス「Nintendo Switch Online +追加パック」の提供を開始し、スイッチ上でNINTENDO 64のゲームが遊べるようになりました。しかしプレイした人の間から、表示の問題やフレームレートの減少、入力遅延など、エミュレーションの出来がよくないとの報告が次々と寄せられています。

新料金プランは個人プランで12か月4900円、ファミリープランで8900円。おおむね従来プランの倍額となっており、個人の場合は1か月当たり200円が約409円となっています。それほど支払いが増えるだけに、懐かしのN64ゲームにスイッチ上で再び出会えることに期待が高まっていました。

しかしN64の代表的タイトルのひとつ「ゼルダの伝説 時のオカリナ」にはファンが予期せぬ問題が報告されています。”スピードランナー”のZFG1氏(同作でクリア4時間を切ったスピードラン界の大物)はこのゲームの「水の神殿」におけるスイッチと初代N64、Wii Uのバーチャルコンソール版の比較スクリーンショットをTwitterに投稿し「(スイッチ版は)Wii Uのバーチャルコンソール版よりも酷いかもしれない」と述べています

また、このゲームではカカリコ村を移動している最中にゲームが止まってしまったり、無線接続のSwitch Proコントローラーを使うと入力遅延が発生してまともに遊べないとの報告もあがっています。

そのほか「スーパーマリオ64」や「マリオカート64」でも、起動時のフレームレート低下によるオープニングのぎこちなさ、特に後者ではオンラインプレイ時の遅延がの酷さが報告されています。

またN64版の「マリオカート64」版ではタイムアタックデータをゴースト対戦(自分自身の記録と戦う)用に保存しておくためにコントローラーパックが必要でした。スイッチ版でもゴースト保存が可能という仕様であり、「N64コントローラーパックをコントローラー1に挿入してください」と要求されるとのこと。しかし、スイッチにはコントローラーパックがあったとしても挿入するところが無いため、ゴーストを保存することはできません。

コントローラーのボタン配置についても、オリジナルのN64コントローラーとスイッチのJoy-ConではABボタンの配置が異なりますが、アプリ上ではキー配置の並べ替えはできないことに不満の声が上がっています。コントローラーの問題は、カルト的な人気を誇るゲーム『罪と罰』でも、ボタン配置のせいで射撃しつつ右移動ができないと指摘されています

任天堂としても「スイッチ版はWii U版VCよりも劣る」との声が上がるのは本意ではないはず。これらの苦情に耳を傾け、速やかな対策実施に期待したいところです。

Source:Kotaku