Nintendo Switch Pro
VCG via Getty Images

Nintendo Switchの後継モデル、通称Nintendo Switch Pro(仮)は近日中に発表が予想されながらも一向に姿を現しませんが、搭載SoCについての噂が伝えられています。

NVIDIA関連では非常に信頼性が高いリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)kopite7kimi氏は、型番が「T234」であるNVIDIA Tegra Orinチップのダイショット(プロセッサの写真)を投稿しつつ、「任天堂はカスタマイズされたT239を採用する」とつぶやきました。

NVIDIA Tegra Orinチップは現行スイッチに搭載されたTegra X1よりもかなり強力なプロセッサです。もともとOrinは2019年末に自動車のAIアクセラレーション向けSoCとして発表され、メルセデスベンツやボルボの車両にも搭載が予定されているもの。Ampereアーキテクチャー(GeForce RTX 30シリーズ等と同じ)を採用し、2048基のCUDAコアを搭載したGPUと、12基のARM Cortex-A78AEコアを搭載したCPUを備えています。

これだけの性能であれば4K表示も楽々とこなせるはずですが、スイッチProは現行モデルと同じく電源に繋がない携帯モードも予想されるため、車載仕様のまま積むのは無理とも思われます。そのためカスタマイズ版とされるのはあり得る話であり、スペックも控えめになるのかもしれません。

すでにスイッチProに関する情報は出そろっており、先週も搭載GPUは携帯モードでは768MHz、ドック接続時にはほぼ1GHzで動作し、それぞれ720P(1280×700)および1440p(2560×1440/いわゆる2K)表示に最適化されるとの噂も流れていました。さらに「動作は軽くて高画質」のNVIDIA DLSSもサポートされるものの、発売直後には利用できないかもしれないと付け加えられています。

ほかスイッチProには有機EL材料大手も決算発表で言及しており、フランスの大手家電量販店も発売準備を始めている兆しが確認されていました

大手メディアBloombergは新型スイッチが世界最大のゲームイベントE3前に発表されるかもしれないと述べていましたが、E3は先週末に開幕してもはや最終日へとさしかかっています。

その締めくくりとなるニンテンドーダイレクトE3は6月16日午前1時、つまり本日の深夜に配信予定です。新作ソフトの発表が中心となり新型ハードウェアの登場はないと予想されますが、超特大のサプライズが放り込まれることを祈りたいところです。

Source:kopite7kimi(Twitter)

via:Wccftech