Switch Pro

新型Nintendo Switch、通称Nintendo Switch Pro(仮)の噂がにわかに活発化しているなか、今週中に正式発表されるのでは、との予測や、価格に関する手がかりが伝えられています。

ゲーム関連情報では数々の実績があるCentro LEAKSが、新型スイッチのハードウェア製品が6月4日午前0時(CST/中部標準時:日本時間では4日の午後3時)に発表されることを示す大手小売業者の内部システムからのスクリーンショットを受け取り、裏付けが取れたとツイートしています。

本情報は、ゲーム業界のインサイダー情報で知られるNick “Shpeshal Ed” Baker氏が伝えていた「今週中にSuper Nintendo Switchが発表されると聞いた」との噂話とも一致しています。Baker氏はもっぱらXboxを専門としているリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)ですが、より信ぴょう性が増したかっこうです。

また時を同じくして、フランスの家電量販店ブーランジェのWebサイトからも「Nintendo Switch Pro」の手がかりが発見されたと報じられています。それによると価格は399ユーロ、日本円にして約5万3000円となっています。

これは現行のスイッチ(日本での希望小売価格は税込3万2978円)と比べれば、大幅な値上げにも思えます。が、一般にEU諸国での価格は日米よりも高く設定される傾向があります(たとえばPS5の米国価格は399ドル=約4万4000円でEU価格は399ユーロ=約5万3000円)。さらに付加価値税の差などを織り込めば「現行モデルより1万円程度お高め」といったところに落ち着くのかもしれません。

すでに新型スイッチについては、様々な噂が届けられています。ひとつには画面はサムスンディスプレイ製の有機ELパネルでサイズは7インチ、解像度は720P(1280×700)で現行モデルと同じながらも、ドック接続時には4K出力に対応するというもの。このうち有機EL画面については、有機EL材料の大手企業が、決算発表でそれを裏付ける言及をしていました。

また先週も「アジアの周辺機器メーカー」から、2つのUSB 3.0ポートとイーサネット(有線インターネット)ポートを備えた少し大きめのドックが付属すると伝えられたばかりです。ほかNVIDIA DLSS技術により過去ゲームもグラフィックが向上するとの観測もありました

大手メディアBloombergは「新型スイッチ発表は6月のE3(世界最大のゲームショウ)前」と報じており、時期的に今回の噂話とも符合しています。そのE3最終日に合わせて15日深夜に行われる「ニンテンドーダイレクトE3 2021」の内容にも注目が集まっていますが、これに先立ってスイッチProが発表され、ニンダイでは「Proでは既存モデルよりも新作ゲームの表現が強化される」的なデモが見られると期待したいところです。

Source:CentroLeaks,Nintend'Alerts

via:Wccftech