GAMEBOY

任天堂の有料オンラインサービスNintendo Switch Onlineは、今月(2021年9月)でサービス開始から3年目を迎えます。その中でも懐かしのゲームが遊べる「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン」が人気を集めていますが、そこに間もなくゲームボーイやゲームボーイカラーが加わるかもしれないとの噂がささやかれています。

今回の噂話は、2つの情報源から伝えられていることです。ひとつは、ゲーム業界のインサイダー情報に定評あるNateDrake氏のポッドキャストです。もっともNateDrake氏は、Nintendo Switch Pro(仮)にまつわる予想を外したばかりということは念頭に置いておきたいところです。

この「スイッチオンラインのレトロゲーム遊び放題に追加があるらしい」との観測は、2019年初めに公式ファミコンアプリ内に4つのエミュレータがあると判明したことに遡ります。そこで浮上した「スーパーファミコン」は同年9月に提供開始されていますが、残り2つは謎のままの状態でした。

NateDrake氏と共同ホストであるMVG氏は、3つ目の「Hiyoko:が「ゲームボーイとゲームボーイカラー」である可能性が高いと述べています。

もう1つは、任天堂情報サイトのNintendoLifeが独自の情報筋から仕入れたというもの。こちらはゲームボーイとゲームボーイカラーのタイトルが「本当にすぐに」登場する可能性が高いと確認したとのことです。

また同じ情報筋は、ゲームボーイアドバンスのタイトルが近い将来に登場する可能性はあまり高くないと示唆している模様です。すなわち年末に『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp(GBA用『ゲームボーイウォーズアドバンス』のリマスター版)』を発売予定の任天堂を含め、複数の企業が現在GBA用タイトルの再発売(スイッチ向けリメイクやリマスター)に取り組んでいることが指摘されています。

2001年に発売されたGBAは、まだ生誕20年を迎えたばかりであり、歴代任天堂ハードの中では若者に位置づけられます。それゆえ無料で提供されて思い出に浸るレジェンドの域には達せず、今後も現役の有料タイトルとして市場で一働きさせる意図なのかもしれません。

Source:NintendoLife