日産、新型コンパクトSUV「キックス」の日本導入を発表。エンジンで発電してモーターで走る「e-POWER」搭載

日本仕様はタイ製

Hirokazu Kusakabe
Hirokazu Kusakabe
2020年06月24日, 午後 06:20 in Nissan
0シェア
FacebookTwitter
Nissan Kicks
Nissan

日産自動車から、エンジンで発電してモーターで走る「e-POWER」を搭載した新型コンパクトSUV「キックス」が発表されました。6月30日より全国一斉発売となり、価格は275万9900円から。

ジュークの後継

現在世界的に人気が高いコンパクトSUVクラスに属する日産キックスは、全長4290mm × 全幅1760mm × 全高1610mmというサイズ。日本では2019年12月に生産が終了した「ジューク」の後継と位置づけられます。

Nissan Kicks
Nissan

先代のジュークから大きく変わった点は、やや冒険心が薄れたルックス…だけでなく、1.2リッター直列3気筒エンジンを専ら発電用に使い、駆動は電気モーターのみとなったこと。いわゆるシリーズ式ハイブリッドですが、日産では自社のこのシステムを「e-POWER」と呼んでいます。

Nissan Kicks
Nissan

SUVに初めてe-POWERを搭載

日産は既に、コンパクトカーの「ノート」やミニバンの「セレナ」にe-POWERを採用していますが、SUVに搭載するのは今回のキックスが初めて。電気モーターは内燃エンジンよりも低回転から強力なトルクを発生する一方、それゆえに地上高の高いSUVでは発進時に車両挙動が不安定になりやすいという問題も生じます。そこで日産のエンジニアは、ベースとなったプラットフォームの性能を「限界まで高め」、不安定な挙動を抑えることに尽力したそうです。

Nissan Kicks
Nissan

同じプラットフォームを共有するノートと比べると、キックスの車体はフロアに補強が施され、センターピラーは厚みをアップ、サスペンション取付け部も剛性が高められています。応答性の高い大径ダンパーを採用し、バンプストップはノートのラバーから、当たりが柔らかなウレタンに変更されました。

      Nissan e-Power
Nissan

最高出力はノートの20%増し

e-POWERの性能もノートより高められてます。電気モーターの最高出力は80kW(109ps)から95kW(129ps)に20%近く引き上げられ、最大トルクも254Nmから260Nmに向上しました。ただし、車両重量がノートと比べると100kg以上も重い(1350kg)こともあり、燃費はJC08モードで30.0km/L(WLTPモードでは21.6km/L)と、ノートの売れ筋仕様の34.0km/Lには及びません。

日産によれば、これまでノートやセレナのe-POWERで培われた実績を基に、極低速ではなるべくエンジンを作動させないシステム制御としたことで、静粛性も高まったとのこと。なお、ノートには後輪駆動専用モーターを加えた4輪駆動も設定されていますが、今のところキックスは(外観のイメージと裏腹に)前輪駆動のみです。

Nissan Kicks
Nissan

プロパイロットとSOSコールを標準装備

キックスには日産の運転支援技術「プロパイロット」も全車標準で搭載。高速道路ではアクセルとブレーキを自動的に制御して前走車との車間距離を保ったり、白線を検知して車線中央をキープするようにステアリング操作もサポートします。

もしもの事故の際に位置情報や衝突センサー情報を自動的に送信して救助を呼ぶ通信機能「SOSコール」も標準装備しています。急病時には車内ルーフに設置されたSOSコールスイッチを押せば、専門オペレーターに音声通話で助けを求めることもできます。

Nissan Kicks

消費税込み価格は「X」と呼ばれる標準グレードが275万9900円。明るいオレンジタンとブラックを組み合わせたインテリア(下の写真)を持つ「Xツートーンインテリアエディション」は286万9900円。ボディ・カラーは特別塗装色の2トーンも含め、全13色から選べます。

Nissan Kicks
Nissan

タイから輸入して販売

日本ではこれから発売となる日産キックスですが、中国やアメリカ、ブラジルなどの国では既に内燃エンジン搭載モデルが数年前から販売されています。日本仕様と同じe-POWERを搭載するモデルも一足先にタイで生産/発売されており、日本にはこのタイで生産された車両を輸入して販売することになります。

Nissan Juke
Nissan

ちなみに日産ジュークも、欧州では2019年に2代目が登場しています。こちらは相変わらず個性的な顔立ちです(上の写真)。

Source: 日産自動車

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Nissan, e-POWER, Hybrid, cars, news, gear
0シェア
FacebookTwitter