Engadget

日産自動車は11月4日、ソーシャルVRサービス「VRChat」内に、バーチャルギャラリーとなる「NISSAN CROSSING」を公開しました。

VRChatとは、オンライン上での交流やアバターの着せ替え、ワールドの作成などを楽しめるVR向けSNSです。「Oculus Quest 2」といったVRデバイスを使ったログインはもちろん、PC単体でも利用できます。


今回は、そのVRChat内に日産が銀座にて運営する「NISSAN CROSSING」をVR空間で再現したワールドが公開された、という訳です。

Engadgetの矢崎編集長と筆者(つくね伯爵)は先行お披露目会に参加してきましたので、それらの写真などと共にバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」をご紹介します。

Engadget
▲白い銀座な町並み

Engadget
▲赤い幕を降ろすと

Engadget
▲バーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」が! 銀座にある施設がそのまま再現されています

Engadget
▲会場内には電気自動車「日産アリア」が展示されています

Engadget
▲こういったかたちでプレゼンテーションも可能

Engadget
▲2階のカフェスペースにて触れるドリンクにはラテアートが描かれています!

Engadget
▲みんなVR内のクルマに興味津々

日産は今後、デジタル上での新たなコミュニケーションの場の一つとして、このバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」を活用し、新車発表会や講演など様々な発信やコンテンツを展開予定です。

その第一弾として、年内に「NISSAN CROSSING」を電気自動車で出発し、地球温暖化について考えるツアーを予定とのこと。VR空間での企業発のコミュニケーションスペースがどういったかたちでユーザーに根付いて行くのか、注目したいところです。

Engadget
▲日産自動車副社長の星野 朝子氏と記念撮影!

source:日産