英Nothingの創業者ことCarl Pei(カール・ペイ)氏は、僚誌TechCrunch米国版のインタビューに応え、同社初のワイヤレスイヤホン「Ear (1)」について語りました。

ペイ氏によれば同モデルは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載しながらも、99ドル(約1万1000円)という、ANC搭載モデルとしては手頃な価格で発売されるとのことです。


「Ear (1)」はすでに、7月27日の発表が予告されており、同モデルはNothingの最初の製品となります。

ペイ氏の前職は、現在高級スマートフォンメーカーとしてヘビーユーザーからの注目を浴びる中国OnePlusの共同創業者。そうした点から、Nothingはスマートフォンのヘビーユーザーやガジェット好きから、以前より注目されていたメーカーとなっていました。

さらにAndroidの父ことAndy Rubin(アンディ・ルービン)氏が立ち上げたスマートフォンブランドのEssentialを買収するなど、企業としての動向も注目を集めています。


TechCrunchのインタビューでは、Ear (1)に3つのマイクが搭載されることや、電子楽器メーカーのTeenage Engineeringと提携し、部分的にスケルトン(透明)デザインが採用されることも明かされています。

そしてなんといっても注目すべきは、ANC機能を実現しながら99ドルという価格がかなり魅力的である点。高コスパなANCつきワイヤレスイヤホンといえば米アマゾンの「Echo Buds(第2世代)」の120ドルや、アップルの「Beats Studio Buds」の150ドルがありますが、Ear (1)はさらに廉価に投入されることになります。


もともとペイが所属していたOnePlusといえば、常識破りの高コスパなハイエンドスマートフォンで名を馳せたブランド。その魂がNohhingにも引き継がれるとすれば、その船出はかなり期待できるものとなりそうです。


Source: TechCrunch