光る!充電できる! ガジェット方面に多機能なビジネスノート『Cardsilk』

カバンのなかをスッキリできちゃう

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年09月25日, 午後 06:30 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
image

AFU STOREがGREEN FUNDINGにて多機能ビジネスノート『Cardsilk』のプロジェクトを実施中です。価格は1個7千980円(本来の定価)ですが、21%OFFなど割引価格で購入できます。

Engadget

筆者は普段の仕事柄もありますが、紙を全く使いません。たま〜に仕事で書類を渡されたときは真っ先に「どうやって管理しようかな」なんて生意気なことを思ってしまいます。メモもノートやメモ帳ではなくPCのツールを使いますから、字を書くタイミングもほぼほぼありません。強いて言えば荷物の伝票書くときくらいかな?

なんて言ってはいますが筆者は結構アナログなタイプなので仕事のメモなんかは紙に留めたいです。ぱぱっと探して読み返したりできますし、なによりPCで書くメモって考えがまとまらない感じがします。しかし持ち運びしなきゃいけないものが増えるとか、ペンケースをガサガサしたくないとか、そんな理由からノートを使わなくなってしまいました。自分でもしょぼい理由だなとは思いますよ......。

さてさて!気を取り直して。そんな今回は多機能ビジネスノートとのこと。ノートとしての機能はもちろんのこと、ワイヤレス充電・三種類のコネクタ装備・スタンドライト・手帳にはおなじみ装備のカードスリーブなど....多機能過ぎじゃない?と思うほどの機能満載な製品になっています。

image
▲こちらが今回試用する製品。

サイズはA5サイズですが、本来のサイズよりも大きく感じます。B5サイズのノートとも比較しましたが、ノートのほうが少し大きいくらい。

image

厚さもなかなか。市販のノート5~6冊分くらいの厚みがありますね。シックな外観もさることながら、PUレザーでソフトながらもしっかりした手触りがビジネスシーンでのハードな使用にも耐えてくれそうですね。

重量は700gとノートとして考えると重め。個人的には様々な機能が付いているのでこれくらいの重さは許容範囲内だなと思います。

image

こちらが製品に付いている機能一覧。本体充電などを除いた主な機能は7つ。あのスタイリッシュな外観にこれだけの機能がある、スマートですね。

製品本体の充電はmicroUSBで行います。電池駆動はできません。充電口は製品側面にあったほうが良かったな....と思ったらこの製品、パススルー機能が搭載されているので本体充電しながら他のデバイスにも給電できるんです。それができるならこの仕様にも納得。

この中でも気になった機能をいくつかピックアップしてレビューしていきましょう。

image

まずはこの3種類のケーブル類から。まずこれ単体でちょっと欲しいですね。現在主流の3種類、筆者も普段からiPhone11proを使用していますし、イヤホンはmicroUSB、iQOSはType-C、この製品から普段使っているモノたちすべて充電できてしまいます。

image
▲右下のボタンを単押し、インジケーターが表示されていれば充電可能です。
Engadget Japan

そう、こんなこともできてしまうんですね。デスクに広げておいて置くだけですぐメモ帳にも充電スペースにもなるのは便利でした。ただ写真の通り、ケーブル同士の間隔は短めですね。今回は収まりよく充電できましたが、スマホを2台充電しようと思うとちょっと心もとないですね。

スタンドライトはかなり汎用性の高いものでした。

もちろん部屋全体を照らすには足りませんが、手元くらいなら明るさ最小でも充分に照らせます。筆者は最小くらいが落ち着くのでそれで試用していました。

ワイヤレス充電は少し難点が。インジケーターが表示されていないと使えないので、まずは一度開いて電源ボタンを押して閉じなければならないこと、筆者は二度手間に感じました。さらには置く位置がかなりシビアなので、ポンと置いただけでは反応しないこともしばしば。気軽に使える感じではありませんでしたね。

image
▲何度か充電可能な位置を探ってやっと充電できました。

そして最後は手帳としての機能です。ここは筆者がかなりいいな!と思える点でしたね。まずはノートのリングですが思ったよりも小さく、手に当たる不快感が少ないです。これだけでも文字の書き心地を左右するのでこうした気配りが嬉しいですね。付属のノートはサラサラ書けるタイプというよりは、ペン先をガチッと掴むようなしっかりした厚めの紙でできており、ここも筆者の好みにかなりマッチしていました。サラサラ書ける紙ってちょっと滑る感じが苦手なんですよね。ケーブル類もスタンドライトも溝にしっかり収納できるので邪魔な感じは一切ナシ。

image
▲字の汚さには目をつぶってください。やっぱり紙は自由にまとめられるからいいなぁ。
image
▲ペンを収納しても異物感ナシ。たまにペンを収納しきれない手帳ありますよね、なぜか。

というわけで、ケーブルを展開すれば便利充電器に、収納すれば書き味のよい手帳に早変わりする、機能美の光る製品でした。出先となると一気に荷物、しかも充電ケーブルなんかが増える方に手にとってほしいですね。これ一つでカバンの中がかなりスッキリするはずですよ。

現在この『Cardsilk』は一般販売されておらずGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング実施中です。価格は1個7千980円(本来の定価)ですが、21%OFFなど割引価格で購入できます。気になる方はぜひチェックしてみてください!

Engadget


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget, news, gear
0シェア
FacebookTwitter