NTTドコモは12月3日、月間データ容量20GBで2980円(税抜き、以下同)の新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。2021年3月より提供します。

「ahamo」は、デジタルネイティブ向けをうたい、申込みや手続きがすべてネットで完結する料金プランです。従来のように割引の細かい条件などをなくした、シンプルな料金設定をうたっています。

プランの内訳としては、4Gと5Gの両方に対応し、20GB超過後も最大1Mbpsで通信可能。データ容量は1GBあたり500円で追加できます。また、海外82の国と地域で追加料金なく利用できるのも特徴の1つです。ただ、15日を超えて長期間海外で利用すると、通信速度が制限されます。

音声通話も1回5分までの国内通話が無制限。1000円のオプション料金を支払うことで、完全かけ放題も利用できます。

あくまでメインブランドであるNTTドコモの新プランとの位置づけですが、既存のドコモユーザーが機種変更したり他社から乗り換えた場合に、SIMカードの差し替えが必要かどうかという点については、対応を検討している(同社広報)としています。なお、手数料や解約金の負担は生じません。

なお、サービス名の「ahamo」については、「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」、「なるほど」という相槌の英語表現「aha」、「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」の3つの意味を込めています。

また、「ahamo」の提供開始に先立ち、NTTドコモは12月3日から先行エントリーを受け付けます。具体的には、専用サイトから電話番号とメールアドレスを登録し、提供開始後に「ahamo」を契約すると、提供開始後にdポイント(期間・用途限定)3000円分を付与します。

携帯電話料金をめぐっては、菅義偉政権による値下げ要請に応じる形で、KDDIとソフトバンクがそれぞれ、割安なサブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)で、20GBが4000円前後の新料金プランを発表済み。ただ、こちらは4Gのみに対応します。

NTTドコモが、サブブランドではなくメインブランドで、5G対応の割安な料金プランを新設したことで、KDDIなど競合他社も対抗策を迫られそうです。また、2980円で使い放題をうたう楽天モバイルや、これまで携帯大手3社の通信設備などの一部を借り受けて通信サービスを提供しているMVNO(いわゆる格安SIM)にとっても大きな脅威となります。


(訂正:2020/12/3 17:47)初出時に『既存のドコモユーザーはSIMカードを挿し替る必要なく、「ahamo」へ簡単に移行できます』と掲載していましたが、会見終了後、NTTドコモの広報担当者より『対応を検討している』との連絡がありましたので、該当文を訂正しました。


source:NTTドコモahamo公式サイト


関連
5分でわかるドコモ新料金「ahamo」(アハモ) 衝撃的安さの背景