ドコモ口座「本人確認が甘かった」 ──ドコモ謝罪 被害者に全額補償

被害総額は約1800万円

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月10日, 午後 06:08 in Payment
0シェア
FacebookTwitter
docomo

「ドコモ口座」を使った預金の不正出金が発生したことを受けて、NTTドコモは9月10日に緊急会見を開きました。

NTTドコモによると、9月10日正午までに確認されている被害件数は66件で、被害総額はおよそ1800万円に上ります。すでにドコモ口座と連携できる35の銀行全てで新規登録を停止しています。

ドコモ口座は、連携した銀行口座やコンビニなどから入金することで、ECサイトでの支払いやユーザー同士で送金ができるサービスです。

ドコモ口座の不正利用をめぐっては、これまでに第三者が銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号等を不正に入手し、七十七銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行などを含む一部の預金口座から、ドコモ口座を経由して預金を不正に引き出していたことが発覚しています。

docomo


不正利用の原因については、ドコモ口座が本人確認なしで口座を開設できることが問題視されています。

これについてNTTドコモは『ドコモ回線を契約している利用者に関しては、回線認証による強固な本人認証を導入しているが、ドコモ回線契約を持っていない人に対しては、メールによる2段階認証を導入している』と説明。しかし、2段階認証といっても、ドコモ口座に登録したメールアドレスに認証を飛ばす方式に過ぎず、事実上メールアドレスの数だけドコモ口座を作り放題だった点に触れ『本人確認についての認識が甘かった』と謝罪しました。

docomo
docomo



不正利用の対策として、eKYC(オンライン本人確認システム)による本人確認を9月末に導入予定。加えて、SMS認証を導入することでさらなるセキュリティ強化を目指すとしています。

また、被害を受けた人に対して、各銀行と連携しながら全額を補償できるように調整していることも明らかにしました。具体的な補償内容については、別途案内するとしています。

りそな銀行でも同様の被害

また、今回と同様の被害は2019年5月に「りそな銀行」経由でも起きていました。

『なぜこの時点でeKYCやSMS認証という対策を取れなかったのか』という記者からの問いに対して、NTTドコモは次のように回答しています。

『昨年5月に発生していたのは事実。当時はドコモ口座、回線契約者のみに提供していたので、回線契約者との本人確認ができていたという前提だった。この問題の発覚以降、回線名義と口座名義が一致するように本人認証を導入した。その後は、回線契約者がドコモ口座を利用する際にこのような事象は発生していない』

docomo
NTTドコモの丸山誠治副社長

また、NTTドコモの丸山誠治副社長は会見で『今回と同様の被害であれば対策をとれるが、別の手法による被害も警戒している』とし、『特にエンドユーザーが安心して利用できるような仕組みを導入していく必要がある』と述べました。


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Payment, NTT docomo, banking, cashless, docomo, banks, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents