Nttdocomo

2020年9月8日、NTTドコモは、新潟県佐渡島で眼鏡型ウェアラブル端末「AceReal One」を用いた農業遠隔指導の実証実験を開始しました。

佐渡島が抱える地域問題の解消を見据えた施策のひとつ。佐渡島では高齢化による農業従事者の減少と、それに伴う後継者不足が問題になっており、今回、佐渡島特産の「おけさ柿」栽培の遠隔指導を実施することで、経験の浅い農業従事者の早期技術取得を図ります。

実験は、現地の作業員がカメラとマイク、スピーカーを内蔵したスマートグラスを装着して作業を行い、その映像をもとに技術指導員がリアルタイムで遠隔指示を行うという内容です。スマートグラスのディスプレイに作業手順を表示し、作業の「見える化」によってどれだけスムーズに作業が進められるようになるのかについて調べる実証実験も行います。

他にも、熟練者の作業内容を3Dカメラで撮影して「動画マニュアル」の作成も実施。このマニュアルはVRゴーグルで見ることができ、平面(紙や2D映像)のマニュアルでは分かりにくい細かな作業も確認できるため、技術の早期習熟の支援になるとのこと。

実施期間は2022年3月までを予定。農業従事者の高齢化と後継者不足は、佐渡島だけでなく全国各地で大きな問題になっています。今回の試みで有効な結果が出れば、農業だけでなく、漁業や伝統工芸産業など、後継者問題が深刻になっている別の業界でも活用されるようになるかもしれません。

Source:NTTドコモ