engadget
Engadget Japan

オーストラリアのハードウェアスタートアップが開発した無線イヤホン「NuraLoop」(ニューラループ)が国内発売されます。

11月20日よりクラウドファンディングの「Campfire」にて先行販売し、12月20日よりAmazon.co.jpで本格販売を開始予定。市場想定価格は税込2万7280円です。

「NuraLoop」は、新生児の聴力検査にも用いられる、音に反応して内耳から放出される反響音「音響放出」(OAE)を自動測定し、ユーザーの聞き取りやすい周波数に音をパーソナライズするイヤホンです。また、スマホ操作で反響レベルを設定することで、さらに自分好みのサウンドに調整できます。

engadget
Engadget Japan

アクティブノイズキャンセリングに対応するほか、外音取り込みにも対応。耳元のダイヤルをタップすると、イヤホンを外すことなく、周囲の音や会話を聞けます。

無線イヤホンではありますが、付属の磁気接続型アナログケーブルを使用することで、有線イヤホンとしても利用可能。ゲーム機などBluetoothに対応していない機器でも使えます。

バッテリー持続時間はフル充電で公称16時間以上。10分間の充電で2時間の利用が行なえます。自動オン・オフ機能を搭載し、耳から外すと自動的にオフになります。

通信規格/コーディックはBluetooth®5/ aptX HDに対応。防水等級は生活防水レベルのIPX3ですが、汗に晒されるイヤホン部分のみIPX4となります。重量は25gです。

Nura社はこのほかにも、イヤホンのようなヘッドフォン「Nuraphone」(リンク:実機レビュー記事)も発売しています。

Source:NulraLoop(PRTIMES)