Oculus
Devindra Hardawar / Engadget

FacebookがVRヘッドセットOculus Quest 2の一時販売休止を発表しました。

理由は昨年から対策を続けてきた「接顔パーツでまれにかゆみや皮膚炎」の問題を抜本的に解決すべく、新たにシリコーン製の接顔カバーを同梱する商品入れ替えのため。



8月24日に販売を再開する際は、従来の最安モデルである64GBストレージ版を廃止し価格据え置きで128GBに倍増するとともに、上位の256GBモデルともどもシリコーン製の接顔カバーを標準で同梱します。


Oculus Quest 2の「ヘッドセット用接顔パーツ」は、直接顔に触れる黒いクッション部分のこと。

顔のこのパーツに触れた部分にまれに皮膚炎が生じるという報告を受けて、Facebookでは昨年から交換対応や、専門家の助言を受けた製造工程の見直し等を進めていました。

Facebookいわく、ユーザーからの報告はごく稀で、大多数が軽度の炎症でしたが、接顔パーツ自体の素材や製造工程に問題が見つからなかったため、新たに接顔パーツを上から覆う薄いシリコーンゴム製のカバーを同梱して解決を図ります。

従来の接顔パーツ(クッション)は取り外して洗うことはできるものの、汗を吸う素材のため、フィットネスアプリなどで特に汗をかくユーザー、長時間にわたってVRに入り浸るユーザーからはあまり評判がよろしくありませんでした。

この接顔パーツのクッションを活かしつつ、薄いシリコーンゴムで覆い手入れを容易にするカバーはサードパーティのアクセサリとしても定番でしたが、新たに公式で同梱となる切り替えです。

既存のユーザーに対しては、申込みフォームにヘッドセットのシリアルナンバーや送付先を入力することで無償配布の対応をとります。

Oculus Quest 2の販売再開は米国時間で8月24日。そろそろ買おうと思った途端に見かけなくなったな、とりあえず確保しなきゃと64GB版を買ってしまいそうなお知り合いがいたら事情を伝えてあげてください。