N高が「Oculus Quest 2」で学習する「普通科プレミアム」を2021年4月から提供開始

VRならではの学習体験

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年10月15日, 午後 09:56 in Oculus Quest 2
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

バーチャルキャストは10月15日、角川ドワンゴ学園と連携し「普通科プレミアム」を開発中であると発表しました。2021年4月よりN高等学校およびS高等学校にて提供開始予定です。

「普通科プレミアム」では、単位認定授業と課外授業をVRヘッドセット 「Oculus Quest 2」に合わせて再構築した学習コンテンツです。生徒はVRデバイスを通して学習空間に行き、360度の視覚と聴覚、そして実際に体を使って体感します。

VRで全集中

通常のPCやスマホを利用したリモート授業だと、SNS通知などの授業を阻害する要因などがあります。しかしVR空間で授業を受けることで、気が散る要素を排して学習に集中できるとしています。

スマホで動画授業を見ている途中でも、好きなタイミングでの授業に切り替え可能です。

立体的な教材

生徒がVRならではの立体的な教材を利用できるのも「普通科プレミアム」のも特徴です。「グラフの動きや正多面体のつくり」「物理化学の実験」「地球儀や宇宙空間での天体の様子」などをVR空間で立体を体験できます。表示されるVRアイテムは、学習指導要領が変更になっても授業部分の動画を速やかに修正できるそうです。

VRで面接対策

学習時に利用するOculus Quest 2はスピーカーとマイクが内蔵されています。よって、体の動きをVR内に反映できます。これらの機能をりようして面接シミュレーションなどのコミュニケーションのトレーニングも提供予定です。また、アバター制作アプリ「カスタムキャスト」を利用することでコミュニケーション時のアバターの外見も変更可能です。

関連リンク:バーチャルキャストN高等学校

 

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Oculus Quest 2, education, dwango, VR, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents