CD Projekt Red
CD Projekt Red

先日大型修正となるパッチ1.1をリリースしたところ、そのパッチを当てることでゲームが進行できなくなる致命的なバグがインストールされるという泣きっ面に蜂状態の『Cyberpunk 2077』ですが、開発元のCD Projekt Redはそれにもめげず、PC向けに公式のMODツールを公開し、プレイヤーによりディープな楽しみを提供しています。

今回公開されたのはゲームのアセットなどが含まれるアーカイブファイルの中身を取り出すことができる「ArchiveDump」と、設定ファイルを表示・編集できる「TweakDump」の2つと、これらに関するメタデータ。ただし、このままではいずれもアーカイブされたファイルをのぞき見ることができるだけで、独自に改変を加えたとしても、それをそのままではアーカイブの中に戻すことができないので、何らかの手段を別途用意しなければならない模様です。

何を言っているのかわからないぜという一般ゲーマーの方々には、これらのツールはまったく用のないものです。しかしMOD職人、Modder(モッダー)などと呼ばれる人たちは、これでMOD作成が少し楽になるわけで、ナイトシティの風景やオブジェクト独自の味わいあるものに変えるための、新たなおもちゃが公式から与えられたと言って良さそうです。

なお、CDPRは互換性維持のためこれらのツールにも継続的に修正を加えていくとしています。CDPRは『ウィッチャー3』でも公式MODツールを提供し、ゲームを違った形で楽しむコミュニティも大切にする姿勢を見せていました。ただ『Cyberpunk 2077』の場合は冒頭に述べたように、ゲームそのものにまだまだたくさんのバグが残っているため、CDPRがMODツールに割ける時間はそれほど多くはないかもしれません。

ちなみに『Cyberpunk 2077』PC版向けにはすでに様々なMODが作成、公開されています

Source:CD Projekt Red