オリンパスもデジカメのWebカメラ化アプリをリリース

macOS対応は不明

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月6日, 午後 01:00 in Olympus
0シェア
FacebookTwitter
Olympus webcam
Olympus

オリンパスは7月2日、同社のデジタルカメラをZoomなどのオンライン会議で利用出来るWEBカメラ化するWindows 10向けアプリ「OM-D Webcam Beta」を無償公開しました。

OM-D Webcam Betaは、ソフトをインストールしたPCにUSBで対応したデジタルカメラを接続すると、WEBカメラとして利用できるというもの。一眼ならではの高画質な映像を手軽にWeb会議で利用出来るとしています。

対応するカメラは、OM-D E-M1X、OM-D E-M1 Mark III、OM-D E-M1 Mark II、OM-D E-M1、OM-D E-M5 Mark IIのみで、他のカメラでは利用出来ないとのこと。また、利用出来るのはカメラのみで、カメラの内蔵マイクは使えません。マイクは別途用意する必要があります。

なお、名前から分かるとおり、OM-D Webcam Betaはベータ版という扱い。動作保証やユーザーサポートは対象外です。

対象のカメラを所有しているデスクトップユーザーには便利かもしれませんが、マイクの用意なども含めると、あまりお手軽とは言えそうにありません。

同様のソフトはCanonやPanasonic、富士フィルムもリリースしていますが、いまのところ、いずれのメーカーもWindowsのみの対応です。このうち、富士フィルムのみ7月中旬にmacOS版もリリースするとしていますが、OlympusがmacOS版をリリースするかは不明です。

source: Olympus

 
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Olympus, OM-D Webcam, webcam, news, gear
0シェア
FacebookTwitter