OLED

有機ELディスプレイを搭載した「iPad」と「MacBook」が2022年に発売されるとの噂をお伝えしたばかりですが、その詳細な続報が届けられています。

ウワサの発信源は、先の予測と同じく台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesです。新たな記事によると、最初に投入される有機EL搭載デバイスは10.9インチiPad(おそらくiPad Air後継機)になる可能性が高いとのことです。この新型iPadは2022年初頭の公式リリースに向けて、2021年第4四半期に量産を開始する見通しとも述べられています。

10.9インチiPadに加えて、アップルは12.9インチのiPad Proと16~17インチのMacBook Proに有機ELパネルの採用を検討しているものの、最終的な決定は下していないの情報筋の話も伝えられています。

これまでアップルが有機EL画面を搭載したのは、Apple WatchやiPhoneといった小型デバイスのみです。かたやiPadやMacBookなどはミニLEDバックライト付きディスプレイ(液晶+バックライトLEDの構造はそのままに、後者を微細なLEDに置き換える技術)の採用を広げるとの予測が有力です。今回のDigiTimes報道と矛盾するとも思えますが、同誌は2つのディスプレイ技術が「それぞれ異なる顧客グループをターゲットにしている」として両立しうると述べています。

記事執筆時点での次期iPadやMacBookに関する噂話をまとめると、2021年春(3月に開催されるスペシャルイベントでの発表説が有力)に12.9インチiPad Pro、後半には14インチおよび16インチMacBook Pro、2022年には新MacBook Airが投入され、いずれもミニLED搭載といったところです。今回の報道が正しければ、その合間に有機EL搭載の新製品が投入される模様ですが、アップルがそれらの違いをどう説明するのかも興味深いところです。

Source:DigiTimes

via:MacRumors