米マイクロソフトが次期メール/カレンダークライアントアプリ「One Outlook(仮称)」(コードネームMonarch)を開発しているとの情報が、海外にて報じられています。

海外テックメディアのWindows CentralやThe Vergeによると、One Outlookは既存のPC/Mac向けのOutlookアプリやウェブアプリ、Windows 10向けメール/カレンダーアプリを置き換え、単一のユーザーエクスペリエンスを提供することが目的だとしています。

なおOne OutlookはOutlookのウェブアプリをベースとして開発されており、OSとの統合によるオフラインストレージ、共有ターゲット、通知機能などを提供するとされています。

現在各プラットフォーム向けに提供されているOutlookアプリですが、それぞれのユーザー体験を統一することは、ユーザーにとってもメリットが大きいはず。またOne Outlookという名称も、統合をイメージづけるわかりやすいネーミングです。

Windows Centralによれば、One Outlookは2021年の年末に向けてプレビューが開始され、2022年のいずれかの時期にWindows 10のメール/カレンダーアプリを置き換えるとのこと。今後、この「One」の名称がマイクロソフトの他のアプリやサービスでも採用されるのかも、気になるところです。

Source: Windows Central, The Verge