中国OnePlusはミッドレンジ市場向けの新型スマートフォン「OnePlus Nord 2 5G」を海外発表しました。

昨年7月に発表された「OnePlus Nord」の後継モデルに相当する、OnePlus Nord 2 5G。その変更点は本体デザインやカメラ構成、そして台湾MediaTek製プロセッサへの移行となっています。

Nord 2 5Gはその背面に、四角いカメラ突起を配置。今年4月に発表されたハイエンドスマートフォン「OnePlus 9 Pro」と類似したデザインとなっています。ただ残念なことに、同スマートフォンとは異なりカメラブランドのハッセルブラッドとのコラボはなし。

背面カメラは5000万画素メイン(OIS搭載)+800万画素広角+200万画素モノクロで、前面カメラは3200万画素。前モデルのOnePlus Nordの背面4カメラ+前面2カメラからはカメラ数が減っていますが、メインカメラのピクセルサイズは向上しています。また最大2倍の光学ズームが可能で、モノクロセンサーはフォーカスアシスタント用に利用されます。

撮影支援機能としては、背面カメラとフロントカメラでの同時撮影機能「Dual View Video」や、フロントカメラでは最大5人の顔を検出できる「Group Shots 2.0」を搭載しています。

プロセッサにはMediaTekと共同開発した専用プロセッサ「Dimensity 1200-AI」を搭載。Snapdragon 765Gを搭載したOnePlus Nordと比較してCPUは65%、GPUは125%の性能向上をうたっています。また米Engadgetが端末をテストしたところ、「Alto's Odyssey」「GENSHIN IMPACT」などの重量級ゲームタイトルでも、アプリが終了するような不具合は見つかっていません。

その他のスペックとしては、画面は6.43インチ/90Hz駆動で指紋認証機能を内蔵。RAMは6GB/8GB/12GB、内蔵ストレージは128GB/256GB。バッテリー容量は4500mAhとなっています。

OnePlus Nord 2 5Gの本体価格は399ポンド(約6万1000円)で、本体カラーはグレー・シエッラ/ブルー・ヘイズの2色が用意されています。メーカー各社が次々と意欲的な新製品を投入するミッドレンジスマートフォン市場において、OnePlus Nord 2 5Gがどれだけ消費者にその存在をアピールできるのかに注目です。

Source: OnePlus