ONE XPEYER

これまで、数々の小型PCを矢継ぎ早にリリースしてきた中国One-Netbookが、まるで携帯ゲーム機のようなWindows 10搭載の小型PC新モデル「ONE XPLAYER」が海外クラウドファンディングサイトIndiegogoで先行予約を開始しました。日本でもOne-Netbookの正規代理店テックワンから、今夏発売予定となっています。

そのONE XPLAYERのサンプル機をお借りしたので、一足早くインプレッションをお届けします。なお、サンプル機のため製品版とは異なる箇所があるかもしれないのはご容赦ください。

One-Netbook初のスレート型PC

レビュー機の仕様は、CPUがIntel Core i7-1165G7でRAM16GBのPro Edition。ONE XPLAYERにはこのほか、Core i7-1185G7のUltimate EditionやCore i5-1135G7のStandard Editionもありますが、メモリはいずれも16GBです。そのほか、主な仕様としては下記のようになっています。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i7-1185G7/1165G7、Core i5-1135G7

  • GPU: Intel Iris Xe グラフィック 96EU

  • RAM: 16GB(LPDDR4x 4266MHz)

  • ストレージ: 512GB/1TB/2TB(M.2 2280 PCIe SSDスロット)

  • ディスプレイ: 8.4インチ(2560x1600、358ppi、10点マルチタッチ対応)

  • インターフェース: USB4.0 x2/ USB-A 3.0/Micro SD/ 3.5mmイヤホンジャック

  • 生体認証: 指紋認証

  • 無線関連: Wi-Fi 6/ Bluetooth 5.0

  • バッテリー: 59Wh/20V 3.25A、65W Gan(v窒化ガリウム)​

  • 重さ: 約828g(本体のみ、実測)

これまでOne-Netbookの小型PCは、どれもキーボード付きのノートPCでしたが、ONE XPLAYERはキーボードを持たないゲーミングデバイス。One GX1に似た雰囲気もありますが、コントローラーは分離しません。

ONE XPEYER
▲本体はマット仕上げ。液晶は光沢仕様です。正面下部にはステレオスピーカーを搭載します

ディスプレイは8.4インチのIPS液晶で解像度は2560x1600。もちろんタッチ対応です。

ONE XPEYER
▲Nintendo Switchと比べると、二回りほど大きくなります

インターフェースは本体上部にUSB Type-C(4.0)が2基、USB-A(3.0)を1基搭載。充電もUSB Type-Cから行います。そのほか、microSDカードスロットと3.5mmイヤホンジャックも備えます。

ONE XPEYER
▲インターフェース左右にあるのは排気口

ボリュームとミュートボタンは背面に搭載。両手で持った際に、中指で操作できるようになっています。なお、背面上部には電源ボタンと兼用で指紋センサも搭載。Windows Helloに対応しています。

ONE XPEYER
▲背面左上に2つ並んでいるのがボリューム。右側がミュートボタン。中央上部の丸いのが電源兼指紋センサー

背面下部にはキックスタンドも搭載。フリーアングルとなっており、最大65度の角度で利用できます。

ONE XPEYER

ONE XPLAYERは、実測で約828gとそこそこの重さがあるため、両手で抱えての長時間プレイは少しつらいものがあります。このため、テーブルに肘をついてプレイすることが多くなると考えられますが、その際、キックスタンドを利用すると、本体を保持しやすくなります。

もちろん、キーボードを利用する際にもキックスタンドを使います。今回は試せていませんが、底面に接続できる専用のマグネットキーボードも用意されるとのこと。ディスプレイカバーとしても機能するようです。

ONE XPEYER
▲製品にはマグネット着脱のキーボードが付属。使わないときにはディスプレイカバーとしても使えるようです
One-Netbook

ONE XPEYER
▲底面にはキーボード接続用のPOGOピンがあります

このマグネットキーボードにはトラックパッドも搭載していますが、本体だけでも文字入力とマウス操作は可能です。正面右下にあるキーボードボタンを押すと、画面上にソフトキーボードを表示。長押しするとマウスモードとなり、左スティックでマウス操作、AボタンとBボタンをそれぞれ左クリックと右リックとして利用できます。

ONE XPLAYER
▲スクリーンキーボード表示

なお、その下にあるTurboボタンは、通常20WのTDPを28Wに切り替え、より高いパフォーマンスでゲームをプレイできるというものです。

ONE XPEYER
▲2つ並んだ上側がキーボードボタン、下がTurboボタン

重いゲームもそれなりに動作

今回レビューしているのは、CPUがIntel Core i7-1165G7でRAM16GBのPro Edition。そんなPro Editionのベンチマーク結果は、Cinebench R23がシングル1372pts、マルチ4167pts。ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマークは5633のとても快適(1920x1080 高品質)となりました。

ONE XPEYER
▲CINEBENCH R23の結果は、シングルコア1372pts、マルチコア4167pts

ONE XPEYER
▲高品質(ノートPC)、1920x1080、フルスクリーンモードのスコアは5633で、「とても快適」

FINAL FANTASY XV Windows Editionのベンチマークを1920x1080、標準品質のフルスクリーンで実行したところ、2102の「重い」という結果に。 Turboモードでも2394で重いとなりました。

One Xplayer
▲標準品質、1920x1080、フルスクリーンでは2102で「重い」、Turboモードでも2394で「重い」となりました

ただ解像度を1280x720に落としたところ、3569で普通に。この程度まで解像度を落とせば、3Dを多用した重めのゲームでもなんとかプレイできそうです。

One Xplayer
▲標準品質、1280x720、フルスクリーンでTurboモードを有効にしたところ、3569で「普通」という結果

実際にSteamのバイオハザード4を少しプレイしてみましたが、2560x1600設定ではとてももっさりしてプレイできたものではありませんが、1280x800ではサクサクと動作しており、快適にプレイできました。

ONE XPEYER

なお、モバイル機として気になるバッテリー持ちは、BBenchで画面の明るさ40%、60秒毎にWeb巡回、10秒毎にキー入力の設定で実行したところ、約5時間40分で残量5%になりスリープしました。実際の動作時間は、ゲームなどで負荷をかけるともう少し短くなりそうです。

先にも書きましたが、本体が重いので両手で抱えての長時間プレイは結構厳しめです。場所を選ばずにプレイできるのは利点ですが、ベッドやソファーで横になりながら……というスタイルには向かないでしょう。机上に置いて、別途キーボードとマウス、あるいはXboxワイヤレスコントローラーなどでプレイしたほうが快適な気もします。

それでも、家の中を含めて場所を選ばず、いつでもPCゲームを楽しめる環境を持ち歩きたいというゲーマーにとっては、理想的なデバイスなのかもしれません。