OneDrive

Windows版OneDirveの64bitバージョンが、パブリックプレビューとしてリリースされました。これまで、64bitに対応していなかったのが意外です。

Windowsの64bitがリリースされたのが2000年代初めのこと。すでに多くのアプリが64bit対応していますが、2007年にリリースされたOneDriveは、これまで32bit版しかありませんでした。パブリックプレビューとはいえ、これでようやく64bitへの移行が開始されるわけです。Microsoftは、大きなファイルや多数のファイルを扱う場合には64bit版が適切な選択だとしています。

ただし、インストールできるのはx64ベースのプロセッサを搭載し、64bit版OSを利用している場合のみ。ARM64なSurface Pro Xなどでは使えず、引き続き32bit版を利用する必要があります。

なお、現在はパブリックプレビューなので、手動でダウンロードとインストールが必要になりますが、一般リリース後は、要件を満たしている端末は、自動で64bit版に更新されるとのことです。

Source: Microsoft via Thurrott