Engadget

ONE-NETBOOK Technologyの「OneGx1 Pro」は、第11世代(Tiger Lake)の「Core i7-1160G7」(4コア8スレッド、最大4.40GHz)を搭載した7型ゲーミングUMPC。取り外し可能なコントローラーがオプションとして用意されており、携帯ゲーム機感覚でWindows用ゲームをプレイ可能。モバイラー要注目の最新UMPCなんです!

■Wi-Fiモデルに加え、4G、5G対応モデルも用意

「OneGx1 Pro」はテックワンが日本正規代理店として販売しており、下記の4モデルがラインナップされています。

・Core i7/16GB/512GB 16万8000円(税別)

・Core i7/16GB/512GB+512GB 17万8000円(税別)

・Core i7/16GB/512GB/4G 17万8000円(税別)

・Core i7/16GB/512GB/5G 20万8000円(税別) ※2月下旬到着予定

なお記事執筆時点で、テックワンの公式サイトでは10%オフのクーポンが、Amazonでは5%オフのクーポンと2%のポイントが用意されていました。またテックワンの公式サイトでは購入特典として専用コントローラーとレザー調キャリーケースが付属しますが、Amazonでは1か月以内の購入証明を添えて6月30日までに応募しなければ専用コントローラーを無償で手に入れることができません。それを踏まえて購入先をお決めください。

さて、改めてCore i7/16GB/512GBモデルの主なスペックを列挙すると下記のとおりです。

OS Windows 10 Home 64bit

CPU  Core i7-1160G7

GPU Intel Iris Xe Graphics(1.10GHz)

RAM 16GB(オンボード、LPDDR4x-4267)

SSD 512GB(オンボードPCIe接続、M.2 Type2242空きスロット×1)

ディスプレイ 7インチ(1920×1200ドット、323ppi、タッチ対応、スタイラス対応)

インターフェイス USB 4.0 Type-C×2、USB 3.0 Type-A×1、microHDMI×1、3.5mmコンボジャック×1

通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0

バッテリー容量 12000mAh

サイズ 173×136×21mm(本体のみ)

重量 623g(本体のみ)

つまり、これ以外の上位3モデルについてはM.2 Type2242空きスロットに、512GB SSD、4G通信モジュール、5G通信モジュールのいずれかが装着されるわけです。

Engadget
▲本体天面。カラーはメタリックブラッド。マット指紋防止加工が施されています

Engadget
▲本体底面。分解は比較的容易で、M.2 Type2242空きスロットにSSDを増設可能ですが、保証対象外となります

Engadget
▲ディスプレイ面。表面処理は光沢(グレア)で、タッチ対応、スタイラス対応。「2048段階デジタルスタイラスペン」(2400円)がテックワン公式サイトで販売されています

Engadget
▲ディスプレイの色域はsRGBカバー率が91.8%、sRGB比が93.0%とやや狭め

Engadget
▲キーボードは日本語仕様

Engadget
▲RGBバックライトが内蔵されています

Engadget
▲本体背面には、USB 4.0 Type-C×2、USB 3.0 Type-A×1、3.5mmコンボジャック×1を用意

Engadget
▲本体右側面にmicroHDMI×1を配置。本体左側面にSIMカードトレイがありますが、4G、5G対応モデル以外では機能しません

Engadget
▲青く光るテールランプがゲーミングUMPCらしいデザイン上のアクセント。もちろんオンオフ可能です

Engadget
▲「OneGx1 Pro」は本体、ACアダプター、USBケーブル、説明書、「OneGx1 Pro 専用コントローラー」は専用ケース、コントローラー×2、説明書で構成されています

Engadget
▲ACアダプターの仕様は、入力100-240V~1.2A、出力5V 3A、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 2.25A、容量45Wです

■ボタンストロークが深く、レバーも長めですが、フィーリング自体は良好

「OneGx1 Pro 専用コントローラー」にはXInput、DirectInput、Keyboard and Mouseモードが用意されています。XInput、DirectInputの違いについては端折りますが、一般的にはデフォルトのXInputモードに設定していれば、ゲームコントローラー対応の最近のゲームであればほとんど問題なくプレイ可能です。

肝心の操作性については「Nintendo Switch」の「Joy-Con」などと比べるとボタンのストロークが深く、レバーも長めですが、フィーリング自体は良好。ただNintendo Switchの携帯モードと同様にコントローラー同士が離れているので、通常のゲームコントローラーしか使ったことがない方はしばらく違和感があるかもしれません。

Engadget
▲「OneGx1 Pro 専用コントローラー」を装着した際の横幅は実測約254mm

Engadget
▲コントローラー上部にはL1/L2、R1/R2ボタンを用意

Engadget
▲充電はコントローラー下部のフタを開けると現われるUSB Type-C端子から行ないます。連続動作時間は約20時間、充電時間は約2時間です

Engadget
▲コントローラー同士が離れていますが、Nintendo Switchの携帯モードで慣れていれば問題なしです。なお「DEAD OR ALIVE 6」プレイ時には、縞模様が表示されてしまいました

Engadget
▲キーピッチは実測14mm弱。タッチタイピングには慣れが必要です

■「ファイナルファンタジーXIV」が快適に動作

※デフォルト設定(TDP15W)のベンチマークに加えて、カスタム設定(TDP20W)のベンチマークを追記しました。

パフォーマンスについては、CPUベンチマーク「CINEBENCH R23」、「CINEBENCH R15」、3Dゲームベンチマーク「ファイナルファンタジーXIV:漆黒ヴィランズ ベンチマーク」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」、ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 8.0.1」を実施してみました。なおベンチマークはすべて、冷却ファンがフルスピードで回転する「Performance mode」で実施しています。

結果は下記の通りで、「ファイナルファンタジーXIV」は5810(とても快適)、「FINAL FANTASY XV」は1784(動作困難)というスコアが出ました。ディスクリートGPUなしで「ファイナルファンタジーXIV」を快適に動作させられることには驚きですが、グラフィックを売りにした最新3Dゲームをプレイするのは厳しいですね。

バッテリー駆動時間については、ディスプレイ輝度40%でバッテリー残量5%までという条件で、バッテリーベンチマーク「BBench」を実行したところ、6時間41分7秒動作しました。モバイル用UMPCとしては十分なバッテリー駆動時間が確保されています。

Engadget
▲「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は3803 pts、CPU(Single Core)は1316 pts

Engadget
▲「CINEBENCH R15」のOpenGLは81.38fps、CPUは633cb、CPU(Single Core)は199cb

Engadget
▲「ファイナルファンタジーXIV:漆黒ヴィランズ ベンチマーク」(標準品質(ノートPC)、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは5810(とても快適)

Engadget
▲「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは1784(動作困難)

Engadget
▲「CrystalDiskMark 8.0.1」のシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は1739.59MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は1184.16MB/s

Engadget
▲「CINEBENCH R23」実行後、クロック周波数はいったん最大3354.7MHzに達しましたが、2秒後にCPU温度が99℃に到達し、一気にクロック周波数は低下。その後ベンチマーク終了まで、2160MHz前後で推移しました

Engadget
▲キーボード面の最大温度は40.0度(室温20.5℃で測定)

Engadget
▲本体底面の最大温度は41.4℃

【2月4日追記】

記事執筆後、テックワンよりOneGx1 ProにTDP20Wの設定があるとの連絡があったため(デフォルトはTDP15W)、再度デモ機を借用し、下記のベンチマークを実施しました。読者の皆様に不十分な情報を提供してしまったことをお詫びいたします。

OneGx1 Pro
▲「Power Limit 1」でTDPを設定できる。デフォルトは「15000」(TDP15W)
OneGx1 Pro
▲「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は4541pts、CPU(Single Core)は1348pts
OneGx1 Pro
▲「CINEBENCH R15」のOpenGLは96.93fps、CPUは758cb、CPU(Single Core)は201cb
OneGx1 Pro
▲「ファイナルファンタジーXIV:漆黒ヴィランズ ベンチマーク」(標準品質(ノートPC)、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは7122(非常に快適)
OneGx1 Pro
▲「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver 1.3」(標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン)のスコアは2141(重い)
OneGx1 Pro
▲「CrystalDiskMark 8.0.1」のシーケンシャルリード(SEQ1M Q8T1)は1744.92MB/s、シーケンシャルライト(SEQ1M Q8T1)は1185.23MB/s

■ゲームだけでなく、ビジネス用途にも活用できる高性能UMPC

GPDのゲーミングUMPC「GPD WIN 3」のクラウドファンディングがIndiegogoで1月からスタートしていますが、CPUは上位の「Core i7-1165G7」が用意されているものの、キーボードがかなり小さめで親指入力を前提としています。その点「OneGx1 Pro」は実測14mm弱のキーピッチのキーボードを備えており、慣れは必要ですがテキスト入力マシンとしても活用可能。ゲームだけでなく、ビジネス用途にも活用できる高性能UMPCがほしいのなら、「OneGx1 Pro」はもってこいの一台です。