中国OnePlusがスマートバンド「OnePlus Band(仮称)」を40ドル(約4100円)にて、2021年初頭に投入するとの情報が海外にて伝えられています(写真は対抗機種となるであろう、シャオミ『Mi スマートバンド5/Mi Band 5』です)。

Android情報に強いテックサイトのAndroid Centralによると、OnePlus Bandは有機ELディスプレイを搭載し、防水性を備えており、複数日のバッテリー稼働が可能とのこと。製品は2021年第1四半期(1月〜3月)にまずインドで発売され、後日他国の市場へと投入されるとしています。


昨今スマートバンド市場では、約3000円前後と廉価かつ十分な性能を実現した中国シャオミの「Mi Band 5」が人気を博しています。OnePlus BandはMi Band 5よりも若干価格帯が上になるものの、市場的には同機と同じく、気軽に購入できるクラスのスマートバンドとして位置づけられるようです。

また、OnePlusは近日中に次期スマートフォン「OnePlus 9シリーズ(仮称)」と合わせて、初のスマートウォッチ製品も投入する予定です。高級スマートフォンメーカーとしてヘビーユーザーの間で知名度を上げた同社ですが、このスマートバンドとスマートウォッチは、製品自体の仕様のみならず、同社のウェアラブル分野への進出が成功するかどうかにも、注目が集まります。

Source: Android Central