OnePlus Watch
OnePlus

OnePlusは3月23日(現地時間)、フラッグシップ端末のOnePluis 9シリーズとともに、同社初となるスマートウォッチOnePlus Watchを発表しました。価格は159ドル(約1万7000円)で、米国では4月14日に発売されます。

OnePlusは、ケース径46mmの円形スマートウォッチ。右側面には出っ張りのない物理ボタンを2つ備えており、全体的な印象はGalaxy Watch Active 2によく似ています。ディスプレイは1.39インチ、解像度454x454のAMOLED。ケースの素材はステンレスで、カラーはミッドナイトブラックの1色のみです。

OSは、既報の通りWear OSではなくRTOS(リアルタイムOS)ベースの独自OSを採用します。Wear OSデバイスやApple Watchのような汎用的な多目スマートウォッチというよりも、フィットネスを重視したデバイスで、110種類以上のワークアウトに対応します。心拍や血中酸素濃度の測定に対応し、5気圧防水で水泳中でも利用可能です。GPSも内蔵しており、スマートフォンを利用しなくても、ランニングルートなどの記録を行えます。

また、マイクとスピーカーも搭載し、スマートフォンへの着信に応答してハンズフリーでの通話にも対応。4GBのストレージに音楽を保存しておけば、スマートフォンがなくても音楽を楽しめます。

OnePlus Warch
OnePlus

スマートウォッチとして気になるバッテリー寿命は、最大で約2週間。睡眠計測や血中酸素濃度の測定を行っても最大で約5日間は持つとしています。なお、GPSを利用した場合には最大で24時間となります。

スマートウォッチとして大きなディスプレイを備えながらも、バッテリー持ちはFitbitなどの活動量計と遜色ないレベルになっていますが、注目すべきは充電速度です。5分の充電で約1日分のバッテリーを充電できるとしており、これなら出がけに充電を忘れていたことに気が付いても、すぐに充電できそうです。ちなみに、充電には専用の充電台を利用します。

なお、計測データは独自のOnePlus Healthと同期しますが、Google Fitやその他のサービスとも同期可能とのこと。ただし、対応するOSは発表時点ではAndroidのみで、iOSは将来的にサポート予定としています。

米国では4月14日発売ですが、今後、ケース素材にコバルト合金、ディスプレイにサファイアガラスを採用した限定版の販売も予定されています。

Source: OnePlus