Twitterを統合「Opera 69」公開。サイドバーからいつでも投稿をチェック可能

Instagramに引き続き

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月24日, 午後 05:50 in opera
0シェア
FacebookTwitter
Opera
Opera

ウェブブラウザーのOperaが、Twitterクライアントをサイドバーに組み込んだOpera 69をリリースしました。前バージョンのOpera 68では、Instagramの機能も取り込んでおり、2バージョン続けてのSNS機能取り込みとなっています。

Twitterクライアントを組み込んだことで、新規にタブを開いたり、TwitterやTweetDeckを起動したりすることなく、いつでもサイドバーから投稿をチェックできます。もちろん、検索やダイレクトメッセージなど、Twitterの他の機能も一通り利用出来ます。

常にフィードを表示させておきたいTwitterのヘビーユーザーには、用途が合わないかもしれませんが、必要なときにぱっと表示したり、手軽にDMにアクセスしたいユーザーには便利かもしれません。

なお、OperaにはほかにもFacebook MessengerやWhatsAppなどのメッセンジャー機能も取り込まれており、ますます多機能化が進んでいます。TwitterやInstagram、Messengerなどを頻繁に利用しするものの、タブを増やしたくはないという人は、Operaを試してみる価値はありそうです。

source: Opera

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: opera, twitter, browser, web browser, webbrowser, internet, social media, socialmedia, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents