OPPO AR Glasses 2021
OPPO

OPPOがARグラスのプロトタイプ OPPO AR Glass 2021 を公開しました。

新たな光学系の採用により、前年のコンセプトモデル比で75%軽量化しており、大きめのサングラスのようにも見えるデザインです。

あわせて、現実世界をセンチメートル単位で複製したARクラウドを含むプラットフォーム OPPO CybeReal も発表。AR開発者プログラムを2021年より実施するなど、AR分野への注力をアピールしています。

OPPO AR Glasses 2021
OPPO

OPPOが2019年に公開したOPPO AR Glass プロトタイプは、マイクロソフトのホロレンズのように大きなゴーグル型でした。

しかし二代目の2021年コンセプトでは、左右のディスプレイが分離したスプリットデザインやBirdbath光学性の採用で大幅に小型化。

レンズ部分の厚みが分かりにくい角度から見れば、大ぶりのサングラス程度になりました。

OPPO AR Glasses 2021
OPPO

OPPO AR Glass 2021 はセンサーとディスプレイを内蔵した周辺機器のようなもので、USB-CケーブルでOPPO製スマートフォンに接続して使用します。

搭載するセンサは超広角ステレオカメラ、ToFセンサ、RGBカメラ、6DoFモーションセンサなど。センサの組み合わせで、高精度なハンドジェスチャの認識や、ミリ秒単位のローカライゼーションに対応し、ユーザーの姿勢や位置の高精度な認識、ARと現実の自然な重ね合わせ表示になどの実現をうたいます。

ディスプレイには0.71インチ有機ELを採用。視野角については「3m先に90インチ大画面」とされていることから、視界を覆うものではないようです。

OPPO AR Glasses 2021
OPPO

ARグラスのコンセプトとあわせて、OPPOは自社クラウド上のARアプリケーションプラットフォーム OPPO CybeReal も発表しました。

こちらは現実世界を「センチメートル単位」で再構成した複製をクラウド上でホストすることにより、ARグラスのセンサとあわせた高速なローカライゼーションや、現実世界でのARアプリケーションとユーザーの高度なインタラクションを実現するというプラットフォーム。

OPPOは2021年よりAR開発者プログラムを正式に開始し、開発用ARグラスや独自のAPIの提供を通じてARアプリケーションの開発を促進する計画です。