OPPO Enco

OPPO Japanは7月21日、完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51」「OPPO Enco W11」を発表しました。価格はW51が1万5800円(税込)、W11が5800円(税込)。いずれも8月上旬に発売予定です。

OPPO Enco W51は、1万円台と低価格ながら、騒音を最大35db低減するアクティブノイズキャンセリングに対応するのが特徴です。

また、完全ワイヤレスイヤホンでは、片方のユニットがBluetooth通信を行い、そこからもう片方に転送するものもありますが、Enco W51は、左右の両ユニットがそれぞれBluetooth信号を受信する左右同時転送方式を採用します。このため、遅延や音切れを気にすることなく快適な視聴体験を楽しめるとのこと。

OPPO
OPPO

対応コーデックはAACとSBCで、バッテリー駆動時間はイヤホン単体で3.5時間、充電ケースを併用すると最大20時間。USB Type-Cを使った充電では、約15分で最大9時間(ケース併用時)の再生が可能。急速充電に対応。Qiによるワイヤレス充電も行えます。

もう片方のEnco W11は、アクティブノイズキャンセリングには非対応。代わりにW51よりも大きい8mmドライバを採用し、パワフルな低音域のサウンドが楽しめるとしています。

OPPO Enco W11
OPPO

Bluetooth接続は、W51と同じく左右同時転送方式を採用。バッテリー駆動時間は、単体で5時間(ケース併用で最大20時間)と長めになっていますが、ワイヤレス充電には非対応です。

OPPO Enco
OPPO

source: OPPO