OPPO Find X3 Pro

OPPOが7月中旬以降にSIMフリーで発売するOPPO Find X3 Proをレビュー用にお借りました。

OPPOは、発売されたばかりのReno5 Aをはじめとして、ミドルクラスでの存在感を強めていますが、フラッグシップとなるFind Xシリーズは、ハイエンドに位置するモデルです。

独特なデザインのOPPO Find X3 Pro

Find Xシリーズの最新モデルFind X3 Proは、Snapdragon 888にRAM12GBを搭載。6.7インチの有機ELディスプレイは、sRGB 100%、DCI-P3 100%の色域をカバーします。輝度は8192段階、もちろん、HDRに対応するほか、周囲環境に合わせて色温度を変更できるネイチャートーンディスプレイ、動画を鮮明にしたり、SDR画質をHDR相当に引き上げるビデオカラーエンハンサーなど、ディスプレイ性能にかなりの力を入れている様子です。

OPPO Find X3 Pro
▲写真では見えませんが、フロントカメラは左上にあります

サイズ感としては、Galaxy S21 Ultra 5Gとほぼ同等。ただ横幅はFind X3 Proのほうが若干狭くなっています。

OPPO Find X3 Pro
▲Galaxy S21 Ultra 5G(左)と比較

電源ボタンは右側面、ボリュームは左側面に配置。SIMスロットは下部にあり、3.5mmジャックは非搭載です。

OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Proはauからも発売されますが、SIMフリー版ではデュアルSIMに加え、eSIMにも対応しています。ちなみにSIMスロットは、両面にnano SIMを挿入するタイプでmicro SDには非対応です。

OPPO Find X3 Pro
▲表裏ともnanoSIMのスロット

背面は鏡面仕上げ。ここまで鏡面なスマートフォンも最近では珍しいです。

OPPO Find X3 Pro

鏡面仕上げは指紋が気になるところですが、そういう人のために専用ケースも付属します。よくあるTPUのクリアケースではなく、シリコン(?)製の黒いケースです。せっかくの鏡面が見えなくなってしまのが残念ですが、専用だけありカメラ部も綺麗に覆ってくれます。

OPPO Find X3 Pro

顕微鏡カメラが秀逸な背面カメラ

OPPO Find X3 Proの背面カメラは、5000万画素の超広角、5000万画素の広角、1300万画素の望遠、そして300万画素の顕微鏡カメラとなります。

OPPO Find X3 Pro

動画撮影では、3200万画素のフロントカメラとの同時撮影にも対応します。上下(あるいは左右)の2分割だけではなく、円形や矩形のピクチャーインピクチャーにも対応。なお、この同時撮影モードのみ超広角カメラは使用できませんでした。

OPPO Find X3 Pro

そんなFind X3 Pro、大きな特徴となっているのが顕微鏡カメラです。最近のスマートフォンはマクロカメラを搭載するものも少なくありませんが、Find X3 Proのはマクロではなく顕微鏡。完全に接写仕様で、1cmも離れるとピントがあいません。

そこまで接写してしまうと、スマートフォンが影になって暗くなりそうですが、レンズ周りに顕微鏡撮影用のリングライトを備えており、対策は万全です。

OPPO Find X3 Pro
▲顕微鏡撮影時には、リングライトが点灯

肝心の顕微鏡としての撮影能力ですが、スマートフォンでこれだけ取れれば十分ではないかと思わせる出来です。倍率は30倍と60倍(いずれも被写体に対する倍率)。1万円札の隠し文字などもはっきりと撮影できます。

OPPO Find X3 Pro
▲1万円札の隠し文字を顕微鏡(60倍)で撮影。ちなみに1万円札には「二」「ホ」「ン」の文字が隠されています

さすがに頻繁に使う機能ではありませんが、スマートフォンの性能が横並びになっている中、「+α」の内容としては悪くはないと思えます。子供と一緒にいろいろなものを観察したり、電子工作をしている人ならパーツの実装状況を確認したりするのにも役立ちそうです。

OPPO Find X3 Pro
▲1円玉の表面。記事の都合上、圧縮されますが、明るさなどは未調整です

OPPO Find X3 Pro
▲Galaxy S21 Ultra 5Gのディスプレイを顕微鏡撮影

もう一つの特徴が、10bit撮影に対応していること。設定から「10ビットカラー」を有効にすると利用できます。一般的なJPEGの約1677万色に対して、約10億色というカラーを再現できるのが特徴です。ただ、保存形式がHEIFになるので対応デバイス以外では表示できません。もちろん、OPPO Find X3 Proでは表示できますが、いまのところはあえて有効にする必要はない気がします。

OPPO Find X3 Pro
▲10ビットカラーはデフォルトではオフになっています

最後に何点か作例を載せておきます。

OPPO Find X3 Pro
▲超広角で撮影
OPPO Find X3 Pro
▲標準(広角)で撮影

OPPO Find X3 Pro
▲望遠(5倍)で撮影
OPPO Find X3 Pro
▲標準(広角)で撮影

65W Super VOOCに対応

そのほかの仕様としては、ディスプレイは最大120Hz駆動に対応。アプリやコンテンツに応じて、1Hz~120Hzまで自動で可変します。また、タッチサンプリングレートも最大240Hzに対応しているので、操作感も良好です。

ゲーミングスマホ並みとはいきませんが、大抵のゲームはストレスなくプレイできるはずです。

OPPO Find X3 Pro
▲ディアブロ イモータルをプレイ。カクツキなどもなくスムーズに操作できます

ベンチマークの結果は、AnTuTuが「72万4701」、3DMarkのWild Lifeは「5872」でした。この辺りは最近のハイエンドモデルなりといったところです。

OPPO Find X3 Pro
▲AnTuTu(左)と3DMark Wild Life(右)のベンチマーク結果

最後に充電環境ですが、65W Super VOOCに対応。製品には、対応した65W充電器が付属しています。PD 65Wではないので、専用充電器以外ではそこまでの急速充電はできませんが、少なくとも9V/2AのPD 18Wでは充電できました。なお、OPPO Find X3 ProはQi規格のワイヤレス充電にも対応しています。

OPPO Find X3 Pro
▲付属のアダプタ。10V/6.5Aの65W出力に対応。PDとしては45Wに対応します

FeliCa非対応が残念

全体にそつなくまとまっており、良くも悪くも今時のハイエンドらしい端末です。このため、FeliCa非搭載となるのが他社ハイエンドと比べて見劣りしてしまうのが残念です。また最近は、SamsungのDeX以外にも、HUAWEIのPCモード、motorolaのReady Forなど、ディスプレイに接続しPC的に利用できる機種も増えています。その点でも、OPPOは少し遅れており、今後の対応を期待したいところです。

とはいえ、顕微鏡カメラは非常にユニークであり、大きな魅力となっています。とりあえず付けてみたというものではなく、しっかりと実用できるレベルなのも好印象です。

11万8000円(税込)と手軽に買える価格ではありませんが、人とは違った写真を撮ってみたいと思っているなら、検討する価値はあると思います。