OPPO Watch 国内発表。2万5800円で8月下旬発売

日本国内で販売するのは1.6インチ(41mmモデル)のみ

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月21日, 午後 02:03 in Oppo
0シェア
FacebookTwitter
OPPO

オッポジャパンは、スマートウォッチ「OPPO Watch」を日本国内で8月下旬より発売します。メーカー小売希望価格は2万5800円(税込)で、IIJmioやAmazonのほか、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店が取り扱います。8月7日午後3時から予約を受け付けます。

OPPO WatchはWear OSを搭載したスマートウォッチ。Google Playにて4000を超えるアプリを選択できます。

海外発表時は、1.91インチの有機ELディスプレイを採用した46mmモデルと、1.6インチディスプレイを搭載した41mmモデルが発表されていましたが、日本国内で販売するのは41mmモデルのみ。解像度は320x360ピクセルです。

OPPO独自の急速充電技術「Watch VOOCフラッシュチャージ」に対応し、約75分でフル充電が可能。バッテリーは通常使用でも最大24時間、省エネモードを使用すれば最大2週間のバッテリー持続時間を実現するといいます。

基本的な機能はスマートフォンの通知、健康状態の確認など。AIが眠りの深さや睡眠時間の計測を行い、より快適な睡眠を推奨する機能も備えます。これらのほかにも、水泳距離やストロークを検出したり、体脂肪の燃焼状況を画面に表示しながら音と振動でランニングをサポートする機能や、5分間で可能な運動を音声ガイダンスで案内する機能を備えます。

OPPO
シルバーミスト、ブラック、ピンクゴールド

カラーはシルバーミスト、ブラック、ピンクゴールドの3色を展開します。基本仕様は、プロセッサがSnapdragon Wear 3100で、ストレージは8GB。対応OSはAndroid 6.0以上、iOS 12.0以上。3気圧防水に対応し、汗や水に濡れても問題なく使えるとしています。

(訂正:2020/7/21 14:20)初出時にeSIM搭載と記載しておりましたが、正しくはeSIM非対応です。訂正しお詫び申し上げます。


関連記事:

Apple Watch激似の「OPPO Watch」が海外発表、eSIMやNFCにも対応


source:OPPO


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Oppo, OPPO Watch, news, gear
0シェア
FacebookTwitter