OPPO Watch 国内版、実はNFCを搭載していたことが判明(追記)

提供サービサーについては検証中の段階だそうです

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月30日, 午後 05:33 in Oppo
0シェア
FacebookTwitter
OPPO Watch

オッポジャパンは、8月下旬に発売する「OPPO Watch」について、NFCが搭載されていることを明かしました。

OPPO Watch は、Wear OSを搭載したスマートウォッチで、OPPO独自の急速充電技術「Watch VOOCフラッシュチャージ」に対応し、約75分でフル充電が可能。3気圧防水にも対応します。


関連記事:

OPPO Watch 国内発表。2万5800円で8月下旬発売


しかし、7月21日の国内発表時には、NFCを搭載している旨は公表しておらず、きょう(7月30日)のツイートで、国内発表時の製品仕様に誤りがあったことを明かしました。

『OPPO WatchはNFCが搭載されている。誤った情報を与え、皆様を混乱させてしまうことについて、心よりお詫びを申し上げる』(オッポジャパン)

ただ、日本国内でどのサービス事業者がどのような形で、OPPO Watch 向けのサービスを提供するかについては、いまのところ不明です。

Engadget日本版編集部は現在オッポジャパンに詳細を問い合わせており、返答があり次第追記します。

(追記:2020/7/31 10:07)『NFC搭載は事実だが、提供サービサーについては、現在も検証中の段階。確定後に改めてSNS等でお知らせする予定』としています。


 

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Oppo, OPPO Watch, NFC, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents