OPPO

OPPOが2020年11月に発表した巻き取り式ディスプレイを搭載したスマートフォン「OPPO X 2021」の実機にようやく触れることができました。なおOPPO X 2021はコンセプトモデルであり、あくまでも試作機です。発売されないとはいえ実際に触ってみると完成度はかなり高いと感じられました。

OPPO X 2021は閉じた状態の見た目は普通のスマートフォンとは変わりません。6.7インチのスマートフォンそのものです。本体の大きさは閉じた状態の実測値で約163x約75x約9mmでした。

OppoX2021

ディスプレイの左側はカーブした形状になっています。この形状のディスプレイを持ったスマートフォンはよくありますから違和感を覚えることはないでしょう。よく見るとフロントカメラがありませんね。

OppoX2021

ディスプレイの左側、および上側と下側はベゼルに囲まれています。ベゼルは樹脂製でディスプレイよりわずかに出っ張っています。

OppoX2021

背面はディスプレイ(本体)が伸びるときに左右に分割しますが、分割する部分は斜めにカットされています。背面のカメラ側のパーツの内側の端(エッジ)はわずかに出っ張りがあります。このため平らな場所に置いたときに可動部分と接地面の間に隙間ができます。

OppoX2021

実機を確認すると狭いスリットからディスプレイが出入りすることがわかります。左側の隙間から巻き取り式のディスプレイが伸びて出てきますが、隙間はそれほど気になりません。かなり狭いスリットからディスプレイが出入りすることがわかります。

OppoX2021

本体右側面もカーブしていますが、これはベゼルが曲がっているのであって、ディスプレイは右側の端までは到達していません(ディスプレイ右側はフラットな状態で本体に固着)。下部側に出っ張りが見えるのはベゼルで、ディスプレイが出っ張っているわけではありません。

OppoX2021

OppoX2021
▲閉じた状態で画面表示

右側面にある電源ボタン(指紋認証センサー)の上をスワイプ、またはダブルタップするとことで、モーターの力でディスプレイが伸びて6.7インチから7.4インチへと大きくなります。なおディスプレイが伸びていくと、画面の表示もそのまま拡大されます。

OppoX2021

このあたりの動きは動画でどうぞ。

ディスプレイを開いた状態で、表面を指の腹で押してみましたが、凹んだりたわんだりすることはありませんでした。左側のディスプレイが巻き取られる部分も同様で、薄い素材のローラブルディスプレイを搭載していることを感じさせないでしょう。

OppoX2021

OppoX2021
▲本体を開いた時、閉じたときの下部のベゼルの様子。本体が左側にスライドし、左側に巻き取られているディスプレイが出てきます

OppoX2021
▲背面はこのように斜めのスリット部分が開いていきます

OppoX2021
▲背面を斜めの角度から見ると、スライドする本体の内部と外側のシャーシにあたる部分の隙間はほとんどありません

ディスプレイを消灯して完全に伸ばした状態で見てみると、閉じたとき(ディスプレイが完全に巻き取られたとき)の端となる部分に縦にうっすらと筋が見えます。フォルダブルスマホ同様、ローラブルディスプレイも曲げられる柔らかい素材のため、このようなラインが見えるのでしょう。

OppoX2021

とはいえ画面表示をつけている状態では筋は見えません。このまま製品化されても気になることはないでしょう。

OppoX2021

カメラは4800万画素とTOFが2つ。あくまでもコンセプトモデルでありこのまま製品化されるものではないため、今回はカメラ画質は試していません。

OppoX2021

ローラブルディスプレイを搭載する巻き取り式スマートフォンは、サムスンのGalaxy Z Fold2やファーウェイMate X2のような折りたたみスマートフォン同様、「スマホ+タブレット」のように2つの大きさのデバイスを1台にまとめた製品です。OPPO X 2021を触ってみると、折りたたみスマートフォンのように両手で開閉する必要がなく、6.7インチと7.4インチの画面サイズの変更がスムーズにできる点が便利だと感じました。

ディスプレイの収縮時にしわが寄ることもありませんでしたが、長期間使っているうちにわずかな隙間からゴミが入り、それがディスプレイの収縮時に表面に傷をつけてしまうかもしれません。またローラブルディスプレイには保護フィルムを張ることもできないため、耐久性も気になります。本体の性能は申し分ないレベルですが、ローラブルディスプレイの品質をさらに高めることが今後の課題のひとつといえます。

OppoX2021