Opus
Opus

Apple Musicが配信しはじめた空間オーディオは、ユーザーの音楽体験を少し豊かにしてくれるものですが、テキサス州のフィットネス関連スタートアップOpusが、空間オーディオをヘルスケア方面で利用する製品を発表しました。

その製品「SoundBed」は、空間オーディオと低周波音を組み合わせて心身を癒やし、また瞑想に入り安くしてユーザーに幸福感をもたらすとうたう革新的なメンタルウェルネスプラットフォーム(要約すると折りたたみ式ベッドです。

Opusが言うには、体全体に低周波の振動を与えることで心理的にリラックスできるとのことですが、空間オーディオをもたらすのはOpus社のコンパニオンアプリで、ユーザーはベッドとは別のヘッドホンを用いて”Journey”と称する7分から60分のガイド付き瞑想ワークショップで気分を高めたりリラックスできるとのこと。

紹介の文言にある「人生を変える」や「人生で最も深い経験」「比類のないデザインとテクノロジー」といった大仰な表現、さらに見た目ウレタン風の折りたたみ式ベッドながら1999ドル(約22万円)という価格設定が気にならないお財布に余裕のあるお方なら、その効能に期待して投資してみるのは良さそうですが、われわれ庶民には、まずこのベッドの購入資金を用意する段階で心身が疲弊してしまいそうな気はします。

「いま予約すると500ドル割引」のオファーもあるものの、落ち着いて辺りを見回せば、精神的また感情的、そして肉体的な健康を維持するための、もっと手頃かつ効果的な方法が世の中にはたくさんあることを知りつつ、それでもこの商品が欲しいかどうかが、購入を決める分かれ道かもしれません。

Source:Opus