OtterBox Power Swap Controller Batteries
OtterBox

スマートフォンなどの各種アクセサリーを手掛けるOtterBoxが、Xboxワイヤレスコントローラー向けの交換バッテリー「Power Swap Controller Batteries」を発表しました。米国で6月15日に発売します。価格は59.99ドル(約6600円)。

バッテリーが充電式のPlayStationやNitendo Switchのコントローラーの場合、充電切れに備えてUSBケーブルを用意しているプレイヤーもいるかもしれません。その点、Xboxのワイヤレスコントローラーは乾電池式なので、電池がなくなっても交換すればすぐに利用できるのがメリットです。半面、電池交換時には電源が切れてしまうので、交換後にコンソールとの再接続が必要になる場合があります。

そのデメリットを解決するのが、OtterのPower Swap Controller Batteriesです。Xboxワイヤレスコントローラーの電池ボックスにそのまま接続して利用するもので、バッテリー本体とそれを納めるケージから構成されています。ケージはXbox X|S用とXbox One用の2種類が同梱されています。

Power Swap Controller Batteries
OtterBox

ケージには予備バッテリーを搭載しており、交換のためにバッテリーを抜いても30秒以上は電源を維持できるのが特徴です。予備バッテリーで動作している間に新しいバッテリーを挿入すれば、接続が切れることなく使い続けることができます。なお、バッテリーは2個付属しており、2個を同時に充電できる充電台もセットになっています。

バッテリーの動作時間は約10時間とのことで、乾電池を利用する場合(約40時間)よりも短くはなりますが、バッテリー交換の手軽さを考えれば、利便性は高くなりそうです。

Source: OtterBox(1), (2)